2017/08/02

黒トリュフ香るポテトリュフ



東ハトからの新商品。
黒トリュフ香るポテトリュフ。

画像?無いよ。店頭で確かめてね!

嘘です。何でも後回しにしちゃうんです。
→ついに、画像を挿入!(4日も空けた。)
DSC_0011_kurotoryu.jpg

トリュフ…。今までの経験から、あまり良い印象が無い…。
でも、ポテトとなったら買う以外の選択肢は無い!
ポテトチップスじゃ無いけどね。
あくまでポテトスナック。でも、いいんだ。
そういうのも扱う。

「黒トリュフが香るトリュフ塩とまろやかなバターで味付けした
 カリッと軽快な食感の贅沢なポテトスナックです。
 芳醇なトリュフの香りをお楽しみください。」

芳醇な香り…。そんなの要らない…。
だって、いままでトリュフ味で良い香りだと思った事ないから…。

開封…。

くっさ…。

毎度のことながら、このトリュフの匂いの何が良いのか分からない。
でも不定期ながらトリュフ味のスナックが
発売されるって事はニーズはあるんだな…。

凄い匂いだなと思いつつ、食べてみる。
おや、匂いの強烈さの割に、味そのものは意外とフツーな感じ?
多分、匂いは袋に充満したのを一気に吸ったから
とんでもない印象になったのだろう。
一本だけ摘まんで匂いを嗅いでみる。
うん、これくらいなら平気。というか、良い匂いに思えなくもない。
もう一度、開封した袋の匂いを嗅いでみる…。
ああ、充満した匂いを解放した後だと、そんなにキツくないや。

で、味なんだけど、バターがメインの味って訳でも無い。
ビーフ系の味付けなんだな。味付けの材料としては
ビーフパウダーが最も多い。それなら、そういうネーミングで
トリュフ&ビーフ味と名乗った方が売れそうじゃないかな?
バターの味もするがトリュフバター味って感じじゃないぞ。
決して弱い訳じゃ無いが、バター味を名乗る程にはバターじゃない。
よくあるビーフ味に香りと後味がトリュフ。こいつらが強いからね、
相対的に、「あ、バターさん、居たんだ…。」くらいになっているのだ。
高級感のある素材の筈なのにジャンクな美味しさなのが面白い。

そのジャンクっぽさを醸し出すのに大きく影響しているのが食感。
乾燥ポテトの他に小麦粉を使っておる。
なので、これは明らかにポテチじゃない。
いや、初めからポテトチップスは名乗っていない。
あくまで「ポテトスナック」だ。
それを言うと、じゃがビーも、じゃがりこも、自称ポテトチップスでは無いが
そうは言っても主体はポテトだ。成形ポテチもポテチと呼ぶなら、
どんな形状であれ主体がポテトならポテチの仲間と言えなくもない。

だが、こいつは結構な割合で小麦粉が含まれている。
非難している訳じゃ無いぞ。ポテトスナックだ。
食感が、味が、ポテト主体のそれとは違う。
半分くらい小麦粉のスナックに寄っている。
どれくらいの割合だろう?6対4?印象としてはそれくらい。

漫画「火の鳥 復活編」で、
「自分は人間?ロボット?」って悩む青年がいた。
科学技術により死の淵から蘇るんだけれど、
体の大部分を機械で作り直したから、
それを人間と呼べるのか?さりとて完全にロボットでも無い…
と苦悩するお話であった。
ポテトリュフ君はポテトスナックで良いのかい?

ともかく、最初の印象より、ずっと美味しいと感じた。
トリュフの匂いが苦手でも、最初の充満したトリュフ臭を吸わなければ
意外とイケるかもよ。僕はそうでした。

他の人の感想
・これはイマイチ!
・バター強い。
・けっこう美味しい。

意見は分かれますね。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!

2017/07/31

じゃがりこ てりやきチキン味



じゃがりこ てりやきチキン味を食べました。

画像はまだない。妄想が膨らみますね。

…しまった!写真を撮る前に捨てちゃったよ!
という訳で画像はありません。残念です。

先に食べてもらった人達の感想
・照り焼きチキンって感じじゃない。イマイチ!
・美味しいです。何処かで食べたような味。
・照り焼き感あるね。美味しい。

2名好評。1名不評。
僕は後者に同感で、正直、
照り焼きっぽいともチキンっぽいとも、あまり感じなかった。
醤油ベースの甘めの味付け、としか。
まあ、それが照り焼きソースではあるんだけれど。
チキンの風味はそんなにしないかな。
原材料に、「てりやきチキン風味フレーク」ってあるんだ。
こういうのカルビーじゃ珍しい。
オー・ザックはいつも、「〇〇風味パウダー」で
詳細を隠しちゃうんだけど、今回のカルビーはどうした。

えー、簡単にさらっと感想を述べてみました。
追記は、するかも~しないかも~
(最近こんなんばっかですまぬ)。

そして結局、追記しません。
という追記。

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/30

プリングルズ クラッシュドブラックペッパー



久々に見た気がするプリングルズの新作。期間限定。

(画像は後で貼るから、それまでイマジネーション。)

…貼ったどー(6日も空けた)。
DSC_0013_riceoil.jpg

間違えた、こっちだ。
DSC_0014_blackpringles.jpg
決して、プリングルズとチップスターがコラボしたのでは無い。
ただの手違い。

国内のじゃが芋不足で、カルビーが足踏みをしている間に
プリングルズが攻勢に出るかと思ったら、全然だった。
マレーシアで作ってるしね。知ったこっちゃ無いよね。

相変わらずの変なイメージイラスト。
ポテチがハットをかぶって、ペッパーミルを振り回して、
かと言って胡椒は粗挽きになる事も無くホールのまま…
何をしているんだ?そもそもポテチを擬人化するのに無理がある。

「ピリッとしたペッパーのクセになる香ばしさ」

食べてみるね。
…あっこれは美味い奴だ。結論、美味い、以上。
でも良いんだけど、もうちょっと何か語るか。
辛さはあまり感じない。あるにはあるけれど、
胡椒だぜー!ピリピリー!って感じじゃない。
辛さは程々なんだが、胡椒の旨みを感じる。
旨み?って表現で合ってるかなあ。風味?

で、胡椒以外に、ガーリックやオニオンや
ぶどう糖やら塩やら使ってるんだけれどね
これが僕には絶妙なバランスなのでしょう。
何か胡椒をたっぷりかけたラーメンのスープを連想する(笑)。
もちろん醤油の要素なんて全く含まれていないのだから、
経験から来る僕の勝手な連想だ。
多分、「え~!?何処が~?」って言う人もいるだろう。

ブラックペッパー味は大体
ガーリックとオニオンとセットになって味付けられている。
もう鉄板の組み合わせ。三位一体。もう他に無い。
プリングルズもそこは外さなかった。
そういう定番の味なんだが、なかなかどうして
定番のブラックペッパー味の中でも良い塩梅。

今回まで記事にしてきたプリングルズの中で一番、美味いかも。
思い出したのは、プリングルズ ソルト&ペッパー
あれも、美味しかった記憶がある。でも記事を読み返しても
どんな風に美味しかったか書いてねー。タイトルも変だし。
もっとまともな記事を書けよ自分。今もだけど…。

でもポテチのレビューなんて、
なかなか表現に幅を出し辛いと思うんだよな。
と言い訳。所詮ポテチだし…。
基本、安っぽいしょっぱい味ばっかだし…。
再現系はどうしたって元より劣るし…。
食感はいつもサクサクだし…。

話をプリングルズに戻そう。
プリングルズはいつもイラストが舐めている。
じゃなくて、今回のこれはアタリ!
プリングルズって不味いよねって言う人にも
これは違うよって言ってみたい。
騙されたと思って食べてみって言いたい。
そして、「やっぱ不味いじゃーん!」ってリアクションを見て笑う。
じゃなくて、プリングルズもやる時はやるって見直してもらおう。
ってプリングルズが普段は不味いみたいじゃないか!
違うぞ!いつも不味いんじゃなくて、変わった味が多いだけだ!
フォローになってない!

他の人の感想
・美味しいじゃん。これは良いわ。
・胡椒の味があまりしなくて美味しい。
しないんかーい。

期間限定じゃなくて、これをレギュラーにしたらいいのに。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/29

ポテトの風味を引き立てる米油で揚げたチップスターうすしお味



何か凄そうなパッケージのチップスターがあったんだよ。

(画像は後で貼りますから、↓想像してみてください)

白地に金文字で「chip star」。蓋も金色。






















貼りました。こんなんです。
DSC_0013_riceoil.jpg

説明文は一言。

「素材の味を引き立たせました。」

米油を使用しているんですって。
シンプルなパッケージで、商品名は何て言うのかな?
っと、クルッと反対側を見たら、
「ポテトの風味を引き立てる米油で揚げたチップスターうすしお味」
長いっ。説明文より長いっ。倍くらいあるっ。
説明をほぼ全て商品名、もしくは作品名に込めちゃう命名法って
いつからこんなにメジャーになったんだろう。
他にも沢山あるよね。例えば、例えば…うん思い付かん。
「愛のままにわがままに僕は君だけを これは違う。

原材料には、米油とは書いておらず、植物油脂とだけ書いてあるが
これは全て米油なのか?「米油で揚げた」ってんだから、そうだよな?
信じるぞ?僕の舌じゃどうせ分からないからって嘘はいかんよ。
どうせ分からんから。先に言っておく。俺は違いは分からん男だよ。

食べる。
…うむ、分からん!米油ならでは、という明確な違いは分からん。
きっと君達にも分からんよ。分かるんなら油ソムリエになったら良いよ。
そんな職業あるの?無いよ。あったら良いのにね。良くないか。

実は、僕のおうちでも揚げ油に米油を使う様になったんだよ。
テレビで、一般的なサラダ油より米油の方が良いってやってたからね。
それは味のためじゃなくて、健康のため。理由は…忘れちゃった。
酸化しにくいんだったかなあ?
ともかく味や食感に劇的な変化があった訳じゃ無かった。
ポテトチップスも同じ。何か凄い美味さって訳じゃ無い。

風味を引き立てる、って言うんだけれど、そこまでかなあ?
偏見かも知れないけれど、こういう乾燥ポテトフレークを使った
チップスターやプリングルズって、生のポテトを使ったポテトチップスに
比べてポテトの風味を引き出すって点では勝てない気がする、正直。

ここでチップスターの普通のうすしお、赤いパッケージの奴ね、
あれと食べ比べたらきっと素晴らしいレビューになるんだろうね。
そこまで頭が回らなかった。今、気付いた。だがもう、これは食べ終わった。
これからまたチップスターを2つ買う気には、ならない。
どうすればいい?そう、キミが!これを読んだ君が!
赤と白のチップスターを食べ比べてみてくれ!

他の人の感想
・普通。
・フツーっすね。
…そうだよね。僕だけじゃないよね。

味はひとまず置いておいて、
他のポテチよりは体の事を考えたらマシ、なんだと思う。
本当に体の事を考えるなら、ポテチは食べないのが一番
ってのは言わないお約束。

おしまい。
2017/07/28

ポテトチップス サワクリ好きのための、サワークリーム味



なかなか心ときめくパッケージのポテトチップスが登場。
DSC_0006_sawakurizuki.jpg

濃厚の2文字が強調されている。
この「濃厚」も名前のうちに入るのか迷ったけど、
長くなるんで見なかった事にした。
しかしカルビーの言う濃厚ってなあ、あんまし信用ならんのだ。
コンソメWパンチだって、いうほどパンチ効いてないよねえ。
他のメーカーのコンソメの方が濃厚な事が多いと思う。
パンチ=濃厚って訳でもないけどさ。≒ではあろう。

「濃厚でコクのある贅沢な味わい。」

ホントかよ。どうせ、大した事ないんじゃない?と疑いつつ食す。

うーん、まあ濃いっちゃ濃いけどねえ。
やっぱり、強調する程じゃ無い。
まず、そんなに酸っぱくない。サワーじゃない。
サワークリームオニオン味じゃなくて
サワークリーム味なのだが、原材料は芋、油に次いで
オニオンパウダーが多いと言う不思議。
そしてその割に、オニオンの味は強調されていないという
二重の不思議。濃厚なのはサワーでも無く、オニオンでも無く、
クリーム。クリーミーな味なのは感じる。
濃厚なのはクリームの部分だったのか。
円やかな味。かと言って、甘すぎる味でも無いです。
コクって言うのは、口に残るまったり感の事を指すなら
まあ、あるっちゃあるのかな…。

同じカルビーなら前にあったサワークリーム&ベーコンの方が
濃厚で美味しかった気がするんだけどなあ。
美味しくない訳じゃないけれど、濃厚を強調しておいてこれ?
と思わざるを得ない。「サワクリ好きのため」…。
サワクリ好きの人達は果たしてどの辺りの味を好むのか。
少なくとも、僕にはコレジャナイ。

他の人の感想
・キレが無い。ポテチにクリームって合わないんじゃ…。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!