2017/07/26

じゃがですよ! うす塩味



あんまり普段はデイリーヤマザキには寄らないのだが。
デイリーで売ってるアイスが美味いよって話を聞いて
少しだけ何時ものルートから外れてデイリーに寄ってみたのだ。
ていうか、ヤマザキデイリーストアだと思ってたのが
いつの間にかデイリーヤマザキになってたんだね。
DSC_0006_jagadeath.jpg

そこで見つけたのが、この「じゃがですよ!」である。
血の色に染まった北海道の大地をバックに大きく北海道限定品と書いてある。
ここは北海道じゃない。というかデイリーヤマザキは北海道には無い。
どういう事じゃろ。どういう事かは知らんが
北海道限定の物を北海道以外で購入できる事は
喜ばしき事として受け止めて、難しく考えずに帰ろう。

「じゃがいもの風味をそのまま味わえるサックサクのフライドポテトだよ」
「日本最北端【宗谷の塩】使用」
「宗谷の塩のコクのある味わいがおいしいフライドポテト」

ですって。
「「宗谷の塩」は海水に含まれる「にがり」成分100%の食塩です」
って言うんだけど、にがり100%だと、それ塩?
と思うんだけれど、難しく考えずに食べよう。

サックサクなんだけど、少しだけ、ホクッって感じの食感があるね。
フライドポテトなんだけど、茹でたか、蒸(ふ)かしたか、したような味。
じゃが芋の風味はあるけれど、じゃがビーのそれとはまた違うのよ。
カリカリじゃなくてホクホクのフライドポテトみたいな味で、
でも食感はカリッカリという、独特の味わい。

宗谷の塩は、ごめん、よく分かんね。
よく分からんけど、円やかな気はする。
芋の風味とか、パーム油の味とか、色々な要素があるからさ、
塩だけで出ている味なのか僕には分からんのよ。ごめんね。
でも、うす塩だから薄いのは当たり前として
他の塩味よりも角が無いのは感じるよ。

油っこさは控えめだと思うんだけれど、
食べてもらった一人は、油がキツいとか言うんだ。嘘だろ。

正直、僕はそんなに好きじゃない。フライ感が弱いから。
でもこれを好きだって人はいてもおかしくないとは思う。
アッサリ系、大人しい系のポテトスナックだね。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/23

じゃがビー バジルチーズ味



気紛れに、味噌汁にインスタントコーヒーを少し溶かしてみた。
すっごく、不味かった。もうあんなこと、二度としないよ。

じゃがりこ、じゃがりこ、と来て、今度はじゃがビーです。
DSC_0007_bazibee.jpg
期間限定の、バジルチーズ味。

「香り豊かなバジルとマイルドなチーズに
 ちょっぴりガーリックを加えた、コク深い味わいが楽しめます。」
右側の見切れてる〇には、「爽やかなバジル!」って書いてあります。
食べます。

じゃがビーにしては、濃い方だな。
濃厚なチーズ味。バジルより、ずっとチーズが強い気がする。
味も香りも、チーズが多くを占めている。
と言っても、バジル自体が割と個性の強い食材。
原材料の量としては他の諸々よりずっと後ろの、少ない方なのだが
その存在はハッキリと感じるぜ。アクセントとしてな。

チーズ味のスナックって、割と甘いのが多いんだけれど
これはそれほど甘くは無くて、説明文通りコクがあって美味いぜ。
だからって、全く甘く無い訳じゃ無いんだぜ。ちょっとは甘み、あるぜ。

今、空になった箱の香りを確かめている。
あ、やっぱり結構バジルも強いかも。
…人の言う印象なんて当てにならないね。
同じ自分が、ついさっきと今で違う事を言うんだから。
まあ、バジルもチーズもどっちも存在感があるってこった。

個人的にはもっとバジルがクドいくらい強くても良かったかなと思うけど
これ以上バジルが多めになったら好き嫌いが分かれちゃうかもね。

他の人の感想
・チーズ好きなんで、これは好きです。
・イタリアンって感じ。
・ピザっぽい味。マルゲリータみたいな。
言われてみればそんな気がする。連想しなかった自分は発想が貧困。
じゃがビーの中でのピザポテトみたいな?
普通のより濃いのもそれっぽいし。チーズフレークとろ~りは無いけど。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/22

じゃがりこ うまうまだし味



昨日は、本当はブログの記事を書く時間はあった。
なのに、見かけたラーメン屋に寄って、油そばを食べたら
お腹いっぱいになっちゃって、帰ってそのまま寝ちゃったよ。

つけ麺や油そばってラーメンより麺が多い事が多い。
何でラーメン、つけ麺、或いは油そばで、麺の量を変えるかな?
普通のラーメンの量で良いのに。たくさん食べたくて選ぶ訳じゃ無いのに。
たくさん食べたかったら単に大盛りにするだけなのに。

そして今日は、純粋に多忙だった。から、簡素な記事になっちゃうぞ。
写真も後だ。面倒臭い事は後回し。あなたもそうでしょ?
DSC_0006_umauma.jpg
うまうまだし味。意味が良く分かんないけれど、
だしって大体、旨味を出すもんだ。
左側の変なキャラ2匹が、「うまうま」、
「かつおとこんぶのダシが効いてるからダシ」とほざく。
しょーもない駄洒落がしょーもないイラストと一緒にあるのはいつもの通り。
かつおとこんぶの2種の旨味で「うまうま」ですか。
食べてみます。

濃いなっ。味が濃いっていうんじゃなくて、ダシが濃いー感じ。
ダシが効いている、なんてレベルじゃなくて、もうダシばっか、というか。
混合の粉末だしパックを直接お口でしゃぶっているかの様な。
だしパックをチュパチュパおいしいれす^q^ 。
或いは、カップ麺のうどん・そばの粉末スープの味っぽい。
カップ麺のうどん・そばのスープって、飲んでると器の底の方が濃いじゃない?
沈殿物が残っている、あの味を連想する。

原材料は、こんぶの類より、かつおぶしの類の方が多い様なんだけれど
僕には、こんぶの風味の方が印象に残った。
普段、かつおダシの効いた食べ物を比較的多く食べるからかな。
あまり口にしない昆布ダシの方が新鮮で、印象に残るのかも知れない。
原材料には、こんぶ、かつおの他に、焼きあご、アジ煮干しの文字も。
でも正直よく分からん。ともかく、ダシが濃い、とにかくそれに尽きる。

今回と、前回のじゃがりこ(しおとごま油味)は、どちらも周囲にはあまり評判が良くなかった。
・どちらも、ご飯のおかずっぽい味で、お菓子として食べたいとは思わない。
・なんか味が薄い。
・何か変。

がんばれ、じゃがりこ。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!

2017/07/20

じゃがりこ しおとごま油味



今まで、じゃがりこは扱ってこなかったのだよ。
そんなに好きじゃなかったから。じゃがりこよりは、
じゃがビー派。なので、元々ポテトチップスじゃない
じゃがりこは別にいっかなって思ってたのよ。

でもロングセラーで常に店頭にあるのは
当然じゃがりこが好きって人が多いって事で。
聞いた話、「ポテチ好き」はじゃがビーが好きって人が多いんだけど
「お菓子好き」はじゃがりこ好きな人が多いんだって。
でまあ、じゃがりこも記事にしてみるかなって思い改めました。
DSC_0006_siogoma.jpg

で「塩とごま油味」なのだが。
食べてみて、「そうだね、塩とごま油の味だね。」
としか感想が浮かばないのだが、これどうしよう。
他に言う事が無いよ。塩が薄すぎるとか
油がキツ過ぎるとか、そういう事も無いんだよ。

塩とごま油の味がします。おしまい!
じゃ駄目かねやっぱり。
一応、気になるのは、原材料で芋と油の次に多いのが
ミルクパウダーっていうところ。
でも特にミルクの味がするって訳じゃ無い。
面白いね。どういう事なのかしらね。

…ま、また色んな人に食べてもらって感想を聞いてみます。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/19

スティックポテト うすしお味



スーパーで今まで見かけなかったスナックを発見したのだ。

スティックポテト。
これは、ポテチっぽくない、というかカルビーとしても
世間一般の恐らく多数の見方からしても、ポテチとは呼ばないヤツだ。
でも、このブログじゃ芋が主体のスナックは余裕で対象となるのだ。

「シンプルな塩味と豊かなじゃがいもの風味」
「サクサク軽い食感が心地よい、スティックタイプのスナックです。
 さっぱりとした塩味が豊かなじゃがいもの風味を引き立てる、
 シンプルだけどくせになる味わいが楽しめます。」

沖縄の塩シママース使用だって。前回のも沖縄の塩を使ってたね。
シママースとは書いて無かったけれど。今回はシママース。
塩は何を使います?シママースにシマース。
すみません。本当にすみません。二度としません。食べます。

これは…。サッポロポテト!だ。サッポロポテトっぽい。
パッケージ写真である程度は予想がついていたけれど。
サッポロポテトをスティック状にして少し硬くした感じだ。
北海道のじゃが芋不足を、九州産のじゃが芋を使うなどして
通常通りとまでは行かない物の補ってはいたが、
サッポロポテトと言う商品名である以上は
他の産地の芋で作る訳にはいかなくて、
類似品を別の名称で発売したのだろうか?
…と思ったら、スティックポテト自体は去年にも出てるし
サッポロポテトは新味が7月にも出てるし、
関係ないのか。紛らわしいぜ!(勝手に勘違いしただけ。)

そして、サッポロポテトの類似品もこのブログで記事にした以上は
そのうちサッポロポテトも記事にする必要に迫られるのか?
となると、うーん、どんどん日常が芋に追い詰められる…。
いや、義務じゃない、義務じゃない。勝手に自分を追い詰めるな。

ともかく、食感と風味はサッポロポテトにそっくりだが
サッポロポテトよりも、太くて硬いの。
だから、サクサク軽い食感が心地よい、の文字通りで
サッポロポテトよりも食べごたえを感じて好き。

味も、丁度良い塩加減だね。うすしお味で塩加減が悪かったら
良いところ無しだけど(笑)。
油っこさも無くて、そういう意味でも軽くて食べやすい。
ポテトチップスのうすしお味より僕は美味しく感じるなあ。
ポテチはなんだかんだ言ってうすしお最強なんていう人の気が
知れないけれど(あくまで僕はね)、これは美味いなあ。
確かにクセになる。どんどん食べ進んじゃったよ。
スティックポテトに関しては、うすしおで良いのかもね。
他の味を知らんけど。
と思って、スティックポテトでググったら、コイケヤのそれが。
あちらは、普通のカラムーチョのスティックタイプみたいなやつね。

豊かなじゃが芋の風味、とは言ってるけれど、別にそこまで…。
風味が無いってんじゃあ無いけれど、他と比べて豊かって気はしないな。
うすしおだから他にアピールする事がなくてそう書いているのかな。
芋の風味を味わいたければ、じゃがビー食うよ。
カルビーでもそういう位置付けでしょ?
むしろ風味も含めてあっさりしてて、そこが美味しいんじゃないかな。
何か、塩味の柔らかい煎餅を食べてるみたい。「星たべよ」みたいな。

という訳で、サッポロポテトのうすしお味はどうも無いらしいので、
これをサッポロポテトのうすしお味と思って食べたら良い。
もしくは「星たべよ」のじゃが芋バージョンである。
サッポロポテトってかっぱえびせんの姉妹品として登場したらしいね。
これは姉妹品の姉妹品か。姉妹の姉妹は、姉妹か。

というかポテトフリッツは何処に行ったよ。
あれこそ既存品と被らない新商品だったじゃないか。ねえ。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!