2017/01/15

ポテトチップス 極濃 海老だし味

二日ぶりの更新となる。
しかも前の記事が二つとも「また後で書くー」と言いながら
放ったらかしだ。けしからんことだね。
レトロフリークと言うゲーム機を買って弄ったり
youtubeでファンキー中村の怖い話を聞いたりしてたら
時間が無くなってしまったのだ。
決して雪に埋もれていた訳ではない。
ま、誰もそんな心配なんてしていないだろうけれどね。
誰も心配なんてしていないだろうけれどね。

極濃。
DSC_0003_ebiebiebichan.jpg
海老だし味。

「濃厚な海老だしの旨みとまろやかなコクが後引く美味しさ。
 風味豊かな味わいが楽しめます。」

何だか、どいつもこいつも「旨み」とか「コク」とかばっかりアピールしてる気がするな。
それ書いとけば売れるのかな。流行りなのかな。それとも語彙不足かな。
語彙が足りないのは自分も自覚しているのであんまり責められないけど。食す。

これは名に違わず濃いね。色は薄いけれども見た目に反して、濃い。
味が濃いだけでなく、海老の主張もしっかりと強い。
それも桜海老を思わせる風味が口に拡がる。
海老の身よりも殻の風味が強く出ているからなのかな?
堅あげポテトの白えび味が甘みのある中身のイメージだったのと対照的。

全体として桜海老のたっぷり入った濃厚なラーメンスープの味っぽかったけど、
もしかしたらパッケージの写真がラーメンだから、それに釣られてるだけかも知れない。
いや、ポークエキスパウダーが、えびパウダーより多く入っているから
豚骨スープの様に感じられたのかな。多分そうだろう。

パッケージ通りか、或いはそれ以上に「海老!」それも「桜海老!」って味。
「旨みとまろやかなコク」って表現も、まあ合ってる。美味しいよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント