2016/10/07

「堅あげポテト 牛タン塩レモン味」

お馴染みのカルビーの堅あげポテトのシリーズ。
「素材や味にこだわった、ちょっと贅沢な和の味わいの「堅あげポテト」です。」
贅沢感や、こだわってます感はイメージとしてあったけど、
和の味わいという縛りがあったとは、今日の今日まで知らなかったです。
DSC_0029_convert_20161007061303.jpg
「ジューシーな旨みと、ほんのりレモン」という謳い文句の「牛タン塩レモン味」です。
ポテトチップスがジューシーとはどういう事か、油ギトギトなのか湿気っているのか…
旨みとジューシーであるか否かは別問題だと思うが、まあ雰囲気で受け止めておきましょう。

開封するとともに漂う芳ばしい香り。…どこかで嗅いだような、
…アレだ、醤油と酒で漬けて焼いたイカの匂い、それを連想させるんだ。
何で牛タン味で焼きイカを思い出すのか、何が共通してるのかちょっと分からないです。
少し焦げた感じ?頭の中が「???」となりつつも、匂いばっかり嗅いでいても仕方ない、食べます。

口に含んだ瞬間、驚きました。まさに、焼き肉で牛タンを食べた時のあの味です。
噛み締める程に「あ~、牛タンに塩レモンを付けて食べた感じだから」となります。
牛タン味の感想が「牛タン味です」という何の捻りも無い物になってしまってすみません。

でも、再現度が半端ないんです。大抵、やたら設定の細かい「○○味」のポテチって
それなりに美味しくても、「まあでも○○とは違うよな」「こんなもんだよな」というか、
それはポテトチップスであって○○では無い、という歴然とした事実を舌で味わうのだけれど。
これは、咀嚼し飲み込んで、空になった口の中が牛タンを食った後の余韻で一杯になるのです。
牛タンは食べれないけれど、これ食べて我慢しろと言われたら、半分くらい納得してしまう再現度。

パッケージ裏に「ほんのりしたレモンが隠し味」と説明がある通り、
酸味は弱くて、あくまでお肉の旨味がメインですね。
他に「ごま油、塩、レモンでいただくあのおいしさ」とあり、
イメージ写真ではネギが牛タンの上に乗っていますが、
ごま油…あったかなぁ…ネギの風味…あった気がする…という曖昧な事しか言えない。
「凄いなこの再現度、どうやってんだろう」と思って食べ続けてたら、完食してしまいました。
もっと意識して味わえば良かった。

本当にどうして、単なる肉の味ではなく、こんなに牛タンと感じるんだろう。
肉の味に塩レモンとかネギとかの風味を絶妙なバランスで合わせると
記憶の中にある牛タンの味を連想させるものになるのだろうか。
ともかく、堅くて通常のポテチより多く噛む事になる堅あげポテトが
噛み応えのある牛タンを再現するのに適していたのだろう。

美味しさもそうですが、それよりも「…っぽい!」という再現度を味わえる意味でお勧めです。

隣の人の感想:なかなかいいんじゃない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント