FC2ブログ
2019/06/19

金箔がけポテトチップス 煌き塩


久々にタイムリーな記事を。これが本来あるべき姿。
湖池屋の金箔がけポテトチップス 煌き塩
元号が変わる記念という事で販売された商品。
これは流石にタイミングを逃しちゃ拙(まず)いなと。
本当は5月中だったらもっと良かったんだけど、
まだ売ってるみたいだからセーフ。
DSC_0595.jpg
ででーん。箱入りである。

煌く新時代を願いポテトチップスに金箔をかけました


「煌く」は「きらめく」と読みます。
令和という文字はパッケージのどこにもありません。
きっと、新元号が令和と判明する前から
予め改元に合わせて発売する準備をしていて
パッケージも前もって決めておく必要があったのでしょうね。

金箔がけポテトチップスが販売されるのは、
少なくとも全国展開としては本邦初ではないでしょうか。
よくもまあ、やってくれました。パッケージだけ変えて
単なる「うすしお」を売る会社とは違うという事でしょうね。

箱の裏側は無地の額縁デザイン。

新元号を書き写し写真を撮る、新時代の目標をしたためる、
寄せ書きをして大切な方へのプレゼントにするなど、
お買い求めいただいた方や大切な方の日常が
キラリと煌く使い方をしてはいかがでしょうか。
新時代に幸せが訪れますように…。


こういうの実際に活用する人ってどれくらい居るんだろう。
全国に少しくらいは居るんでしょうかね。
まあ僕はやめときます。

箱を開けると、全体を金箔で覆ったようなデザインの袋が。
よーく見ると小さい字でこう書かれていた。

新時代に幸せが訪れる!?黄金に煌く龍?を探せ!


しわしわ金箔の柄の中に龍の姿が隠れているって事?
それを探せば良いのかな?
まあ僕はやめときます。

そしてその袋を開けると、入っているのがこれ。
DSC_0596.jpg
ポテチにキラキラと光る金箔が付いているのが分かるだろうか。
ちょっぴり、ゴージャス。そして、食べる気が進まねえ…。
金箔を食べ物にかけよう、或いは覆ってしまおうなんて
最初に考えたのは一体いつの時代の何者なのだろう。
食べ物が金色に煌いて喜ぶその感性に全く共感できないが、
文化として息づき知れ渡っているのだから、
それを楽しむ人々もそれなりに居るわけだ。今でいう「映え」か。
その辺を調べようとグーグルの検索バーに「金箔 食べる」と
入力したら候補に「金箔 食べる 馬鹿」って出てきた。
いやあ、馬鹿とまでは思わないけど。

みんなの感想
  • 最高。今まで食べた中で一番美味い。←大げさ
  • 見た目は変わってるけど、ただの塩味。
  • キラキラしてて凄い。でも、味は普通。
一番上の感想だけどね、多分、疲れていたせいだよ。
空腹は最高の調味料と言う諺(ことわざ)があるけれど、
適度な疲労もまた上質な調味料になり得るのだろう。
特にこういうシンプルで素材を味わうタイプだと尚更。

特に疲れていた訳でも無い僕の感想としては、
下2名と同じ、ただの塩味ですね、おしまい。
金にはこれといって味が無いそうで、
見た目がゴージャスになる以外の意味は無いのだ。
吸収されないから栄養でも無ければ毒でも無いしね。
ゴージャスさは見かけだけで実際は地味…
令和がそんな時代にならないと良いですね。
「政府は景気は回復していると言うけれど実感が…」
みたいな連想をしてしまいますね。そうでもないですか。

金箔ポテチもSTRONGシリーズになると、
ポテチ全体が金箔が覆われる様になるのだろうか。
バブルの時代だったら、そんなポテチが発売されても
おかしくないかも知れない。が、今じゃまず無いですね。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、デキストリン/調味料(アミノ酸等)、金箔

ちなみに金箔は着色料として食品添加物に分類されるそうです。

内容量:63g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント