FC2ブログ
2019/03/06

チップスターショコラ アーモンドクランチ

  • チップスターショコラ アーモンドクランチ

    去年は赤いパッケージのチップスターショコラが発売され、
    今年はそれに続いて金ピカのパッケージのアーモンドクランチ登場。
    DSC_0577.jpg

    ~2つの食感の新たな出会い~
    キャンディングアーモンドのカリカリ食感とビターなチョコレートが
    絶妙なおいしさを織りなします。



    「きゃんでぃんぐ」をスペースキーで変換しようとしたら
    一つ目の候補がまさかの「喜屋武ディング」になったよ。
    「キャンディング」は表面を砂糖で覆って飴の様にする事。みたい。
    エアギターを披露する事でないので注意だ。

    みんなの感想
    • 美味しい
    • 塩気が強い
    • 子供向けな感じ

    チョココーティングの量自体は赤いパッケージの物と変わらないのかも知れないが
    アーモンドクランチがいっぱい掛かっている分だけ
    相対的にチョコ感は弱まっているかも知れない。
    チョコ+チップスターだけだった赤いヤツは塩気が気になったけれど
    更にアーモンドがプラスされて、塩気はそこまで気にならなくなった。
    僕にはこちらの味のバランスの方が好ましいかな。どちらかと言えば。

    ビターなチョコレートってあるけど、そんなにビターかな?
    チップスターの塩気とアーモンドの味の印象が強いので
    あんまりビターさ加減はよく分らん。まあ、今は苦いチョコって言うと
    カカオ70%とか95%とかの全然甘くないチョコがあるから
    普通のビターチョコじゃ苦いという風には思わなくなっちゃった。
    ちなみに僕は100%カカオのタブレットを常食してます。
    もはやチョコじゃない。

    もっとアーモンドまみれだったらもっと好きだったかも。
    だったらアーモンドチョコ食ってろって話ですね。
    原価が高くなるから難しいか。ただでさえ高いのに。

    原材料名:チョコレート(砂糖、ココアバター、植物油脂、カカオマス、ココアパウダー、全粉乳、乳糖)、ポテトフレーク、種実加工品(砂糖、アーモンド、水あめ、植物油脂)、植物油脂、食塩/乳化剤、香料、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

    内容量:12枚

    内容量って必ずしもグラム表記とは限らないのね。
    1パック12枚で標準60gです。

    おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント