FC2ブログ
2019/03/06

じゃがりこ アーモンド味


じゃがりこ アーモンド味だ!
「チョコディップソース付」というのは、商品名に含まれるのかな?
分からないけれど、記事タイトルからは省いておいた。
DSC_0573.jpg
更新が1か月以上も滞ってしまい、機を逸したけれど
バレンタインデーの時期に合わせた商品だったのだと思う。

去年、じゃがりこ チョコ味というのがあったけれど、
あれはチョコ味の癖にほとんど甘くないという代物だった。
甘いスティックタイプのチョコ味ならポッキー食えという
身も蓋も無い結論を僕は出した。
他のみんなにも食べてもらうと言いながら
その感想を追記していないのが僕らしいが、
確か美味しいと言った人は居なかったと思う。

今回のアーモンド味はチョコソースをディップして食べる物で
事実上のチョコ味の第2弾と見て良いだろう
(それ以前にもチョコ味があったかは知らない)。
きっと去年のが不評だったから、リベンジなんだろうなぁと推測。
単純に甘いじゃがりこにしなかったのは何かの意地か。

みんなの感想
  • 美味しい
  • ディップしなくても美味しい
  • しょっぱい

ディップしなくても美味しいというのは、その直前まで
他のチョコを食べていたからというのも込みで。
じゃがりこ本体はディップソースを付ける前提だからか
かなりあっさり目の味付け。塩気も控えめで、
ほのかなアーモンドの風味。これだけだと
味気ないって思う人もいるんじゃなかろうか。

やっぱりチョコソースをディップして本領発揮であろう。
粘り気のあるソースを先っちょに絡めて食べる。
ちゃんと甘い。当たり前の様だが、去年のチョコ味は
甘くなかったからなあ。今年のは、きっちり「甘いお菓子」だ。
ポッキーやらトッポやらフランやらの向こうを張れる。
というより、それらより好きだわ、チョコディップじゃがりこ。

うめえなコレと勢いよく食べていて突き当たった問題。
ディップソース別添えの場合に必ず付いて回る、
ソースが足りなくなっちゃう問題。
濃厚なチョコ味で舌が慣れた後で、
あっさり薄味アーモンド風味じゃ物足りないよ。
いや、それが口直しに良いって人もいるかも知れないが
ぼくちゃん、ヤダ。

解決策として、冷蔵庫にあるケチャップを付けて食べてみる。
元々ポテトフライには定番の調味料。合わない訳が無い。
カリカリに揚げたポテトフライを食べている感覚にも少し似ている。
もう今後、じゃがりこを食べて物足りなくなったら
全部ケチャップで平らげてしまえば良いかな、とすら。
少し前に話題になった「じゃがアリゴ」を試すのも良いかも知れないが。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない、)植物油、ミルクパウダー、砂糖、粉末植物油脂、アーモンド、食塩、アーモンドパウダーコーンスターチ、乳等を主要原料とする食品/調味料(アミノ酸等)、乳化剤(大豆を含む)、香料、甘味料(ステビア、スクラロース)、酸化防止剤(V.C、V,E)

内容量:52g

↑が、じゃがりこ本体。ディップソースは↓。

原材料:砂糖、植物油脂、ココア、全粉乳、カカオマス/乳化剤(大豆を含む)、香料

内容量:15g


おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント