FC2ブログ
2019/01/16

男気HOTチリビーフ (辛さUP!)


ヤマヨシの男気HOTチリビーフだ!
DSC_0552.jpg
ローソンで204円(税込み)で購入。
恐ろしい予感がする。だけど避けるわけにはいかない。
何故なら目に留まったポテチは問答無用で
レジに持っていくのが宿命だから。
「辛さ最強クラス」と並ぶ「辛さUP!」の文字が不安を増加させる。

辛さ最強クラス(当社比)の「男気HOTチリビーフ」
辛さをアップして再登場!男気あふれる味わいを
一気に食らいつくせ!!
※男気に自身のない方ご遠慮ください。


余計な事をしやがって。最強クラスならもういいじゃねえか。
よく見たらパッケージイラストのわさっち(牛の野郎)も汗ダラダラだ。
ヤマヨシの暴走は止まらない。何が彼らをそうさせるのか。

みんなの感想
  • うおっ!ヤバい!辛い!美味いけどヤバい!デスソースか!
  • 舌が痛い!無理!(←1枚でこれ。)
  • 蒙古タンメンより辛い。辛過ぎて味が分からない。

みんな素敵なリアクションをしてくれます。それもそのはず。
辛い。超辛い。滅茶苦茶、辛い。とにかく、辛い。
1枚で味蕾に刺さる様な刺激が特急で迫ってくる。
そして数枚食べれば、その刺激が舌に居座り続ける。治まらない。
色々と御託を並べるよりも、辛い!と100回くらい
書いた方がイメージは伝わるかも知れない。

デスソースや蒙古タンメン(多分カップ麺のヤツ)は
食べた事が無いのでどれだけ辛いかは知らない。
この男気HOTチリビーフの常軌を逸してる度合いは、
もしかしたらペヤングの激辛MAXと同じくらいかも知れない。
黒いパッケージのMAX ENDというのは未経験だが(食べる気もしない)、
赤いパッケージの激辛なら頑張って完食した記憶がある。
焼きそばは熱々な分だけ刺激の感じ方がより強いだろうし
正確な比較は出来ないが、「おいおい、ここまでやるか。」
「誰か止める奴はいなかったのか。」という様な
ブレーキが壊れちゃってる感において引けを取らない。

上記の感想をくれた3人の他にもう一人、
激辛マニア(フリトレーの商品ではない)にも食べてもらった。
いつもなら辛さが強い物でも「何ともない」なんて言うのに、
「舌が痛くなってくる」という。それくらい比類なく辛いのだ。
でも「慣れるとそれが気持ち良い。」だってさ(変態ですね)。

ただ辛いだけじゃなくて、唐辛子の風味も強く感じられる。
こいつのお陰で、凄く辛(から)くて辛(つら)いのに
もうちょっと食べてみようかなという気になってしまう。
そして、口に運んで「やっぱ辛ぇわ…」という事になってしまう。
だけど美味しいからもうちょっと…の負のループ。
あ、ビーフの味もあるんだっけ。あと何?ガーリックにオニオン?
いやあ、唐辛子で頭と舌はいっぱいだ。
辛さが異常である事以外はオーソドックスなチリ味なのは分かる。

辛さ最強クラスっていうか、ぶっちぎりで最強です。
「※当社比」とはありますが、間違いなく全メーカートップです。
どっかにマニアックな超激辛ポテチはあるかも知れないが
少なくともメジャーなメーカーの中では激辛道を独走している。
追走しようというメーカーも無いでしょうけれどね。

ちなみに約一年前に「男気HOTチリビーフ」を記事にしている。
読み返したら、ほとんど同じ事を書いてたわ。

原材料名:じゃがいも遺伝子組み換えでない)(国産)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物(大豆・鶏肉・豚肉を含む)、ガーリックパウダー、砂糖、唐辛子、オニオン、粉末醤油(小麦を含む)、乾燥野菜、ホワイトペッパー、酵母エキスパウダー、デキストリン、香味油、ビーフエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、パプリカ色素、酸味料、甘味料(ステビア)

具体的にどれだけ唐辛子が多くなったかは分からないが
以前の原材料表記と比べると、オニオンより後ろだった順序が
一つ前に出て、唐辛子の割合が増えたんだなと推測は出来る。
あと、砂糖がガーリックの後ろになり、オリゴ糖の表記が消え
甘みも少し控えめになったのだと思われる。

内容量:90g

汗が目に染みて痛いです。
そして、お腹も痛くなりました。
おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント