FC2ブログ
2018/11/21

堅あげポテト 三種のだし塩味


カルビーの堅あげポテト 三種のだし塩味
DSC_0503.jpg
説明文が非常に長い。

   味の豆知識 ‐うまみの相乗効果‐
日本の今日の食事や調理法は江戸時代に確立されたそうですが、
なかでも「だし」はそのころから様々な調理に用いられていたそうです。
代表的な「だし」のうまみ成分として、グルタミン酸は「昆布」などの
海藻や野菜に、イノシン酸は「かつおぶし」、「焼きあご」などの
動物性食品に多く含まれています。これらのうまみ成分は、
それぞれでもおいしいのですが、組み合わせることによって、
相乗効果がうまれ、おいしさを引き立たせると言われています。
かつおぶし、焼きあご、昆布、三つの素材のうま味が織り成す、
相乗的なおいしさを、ぜひお楽しみください。


あー長かった。
3大うまみ成分の内、グルタミン酸とイノシン酸の2つが紹介され
もう一つのグアニル酸がまるで無かった事の様にスルーされている。
実際、影が薄くて忘れられがちらしいから、仕方ないね。

うま味にはアミノ酸系と核酸系があって、
この2種を掛け合わせる事で相乗効果が生まれるのだそう。
グルタミン酸がアミノ酸系で、イノシン酸とグアニル酸が核酸系。
って事で、イノシン酸と役割が被っちゃったから
仲間外れにされちゃったのかな。グアニル酸、可哀想…。
グアニル酸を多く含む椎茸も嫌いな人多いし…。可哀想…。

みんなの感想
  • 薄いけど、美味しい。
  • 自然な感じがして、良いね。
  • 堅あげポテトは何でも美味い。

薄いよね。
中々の薄味。
「だし塩味」なんだけど、「だし味」でも良いくらい。
ムラがあるにせよ、うすしお味よりも薄い気さえする。
だしの風味を前面に出すのに、他の味を控えめに
しているのだろう。通常、だしは引き立て役だからね。

先日、家族がヤカンでお茶を沸かそうとして
間違えて、だしパックを煮出してしまった物を
そのまま湯飲みに注いで飲んでしまった時の僕の脳内。

「…!!??  …ダシ!?」

先に飲んで間違いに気づいたのなら一言、
言ってくれれば良いのに。「お茶飲む?」って聞いておいてねぇ。
まあ、そういう味です。想像してみて下さい。
煮詰めただしパックの、濃厚な旨みばかりの味を。
それに塩味を少し効かせた感じです。
もしくは関西風の薄い味付けのツユっぽいかな。
意図されたイメージはむしろそっちが正解か。

3種のだしが使われていますが、特にどれかが
突出している訳ではなく、「何だか良く分からんがダシ味だ」
って思いました。一応、かつおぶし要素が最も多いです。

七味を振って食べたらもっと美味しいかも。
と思いついた時には食べ終わってました。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、デキストリン、食塩、ぶどう糖、かつお節粉末調味料、酵母エキスパウダー、かつおぶしパウダー、焼きあごパウダー、かつおぶしエキスパウダー、昆布フレーク、赤唐辛子/調味料(アミノ酸等)、香料(大豆を含む)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント