FC2ブログ
2018/11/10

極深ポテト 焼きマヨネーズ味


ヤマヨシの極深ポテト 焼きマヨネーズ味です。
DSC_0491.jpg

深めの波型生地に焼いたマヨネーズの味わいが
贅沢にしみこんだ大人のポテトチップスです。
一枚食べるごとに、濃厚で奥深い味わいが口いっぱいに広がります。
くつろぎのひと時に是非お楽しみください。


みんなの感想
  • 食べ易くてマヨネーズ感あって美味しい。
  • 普通のマヨネーズと一味違って美味い。
  • 薪ストーブみたいな匂い。味も薪ストーブだと思っちゃう。

薪ストーブを食べたことが無いから、薪ストーブの味かは
僕には分からない。でも多分、違うと思う。
ただ、匂いで薪ストーブを連想するのは分かるんだ。
ポテチとしては非常に個性的で強烈な匂いだ。
マヨネーズが焦げてる感じを表現しようとしてるのだろう。

最初は「燻製っぽいかな?」と思ったのだが
他の燻製の味のポテチともちょっと違った風味。
原材料にも、くん液の文字は無い。
何か、焼き過ぎた様な匂いと言うか、
「焦げてる!焦げてる!煙出てる!」という感じというか。
それが、薪っぽいとも言わせたのだろう。
マヨネーズ味と口の中で一緒になる事で、
焼きマヨネーズっぽいかなとは言える。

そのマヨネーズ味がまた、濃いんだ。
「しみこみ×濃厚仕立て」のフレーズは伊達じゃない。
実際にポテトの生地に味を染み込ませているのか。
説明文を信じるならそうなのだろう。
味の濃さが、パウダーがタップリって感じじゃなくて
凄く味が染みてて濃いという風に感じる。

実際に味を染み込ませているのか確かめるには
どうしたら良いのだろう?と考えて思いついたのが、
まず表面の味付けを舐め尽くして、味をほぼ感じなくなってから
噛み砕いて食べたら、染み込んだ味が分かる!というもの。

で、試してみたところ、分からん…。
舐めたら普通に味が無くなっちゃった。
でも、普通に最初から噛んで食べた時に感じる濃厚さは
舐めている時はやや控えめに感じられたんだよなあ。
何でだろう。大きめの波型カットによって、噛んだ時に
ちょうど舌に触れる面積が大きくなるようになってるとか?
その辺の製法の仕組みを教えていただきたいところ。

で、マヨネーズ味が濃厚なのは濃厚なのだが、
焼きマヨネーズ味か?これ。ピザとかグラタンだとかの表面の
マヨネーズが少し焦げてるあの感じかというと、違う気が。
「マヨネーズは焼くことでコクとうま味がアップ」とキューピーの
サイトに載っていた。これって油が分離し酢が蒸発する事で
味が凝縮されるって事だ思う。その意味では、
濃厚で、かつマヨネーズの酸味はあまり感じられないのは
確かに焼いたマヨネーズの味と言えるかも知れない。
ただ、この香りづけは違う物を加えている感が強い。
或いは、薪ストーブで焼いたのかな?っていう感じ。

2年前にカルビーから極濃 たまごマヨ味ってのが出ていた。
あれは、濃くてストレートに・シンプルに、マヨネーズ!味だった。
こちらは同じく濃いマヨネーズながら変わった独自性がある。
個人的には、マヨネーズは薪ストーブじゃなくてオーブンで焼きたい。

原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、デキストリン、ホエイパウダー(乳成分を含む)、食塩、粉末酢、砂糖、たん白加水分解物、オニオンパウダー、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(小麦・卵・大豆由来)、香辛料抽出、甘味料(ステビア)

原材料を見てビックリだ。
卵+油+酢で出来ているのがマヨネーズ、
その材料の一つ、卵が入っていない!
逆によくそれで、マヨネーズ感を出すもんだ。
香料の原料には卵が使われてはいる様だけれど。

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント