FC2ブログ
2018/11/08

ポテトチップス 北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味


カルビーの期間限定のポテトチップス、
ポテトチップス 北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味
長い。販売期間は短い様だが、名前は長い。
何でも「ぽろしり」というのは、カルビーのグループ会社、
カルビーポテトが開発したじゃがいもなのだそう。
DSC_0492.jpg

病気に強く、たくさん収穫できて味もおいしい、
生産農家や消費者のみなさんに喜んでもらえる品種を作りたい!
そんな想いから10年以上かけて、カルビーポテトが生み出した新品種、
ぽろしり。味もおいしく、見た目もきれいでポテトチップスなどの
じゃがいも加工品に最適です。


それにしても、どうして「ぽろしり」という名前にしたのだろう。
何かエロい連想をしてしまうのは、決して僕の心が
汚れているからではないと思う(清らかであるとは言っていない)。
字面だけ見れば、「ポロリとお尻が」的なイメージが
おぼろげながらも頭に過る人は少なくない筈だ。
平仮名で「ぽろしり」であるが、ついクセでスペースキーで
変換してしまったところ、「ポロ尻」と表示された。
こうなると、もうそのイメージを頭から払拭するのは難しい。
ああ、ぽろしりよ、どうしてお前はぽろしりなのか。

2018年秋、北海道で収穫されたぽろしりのみを使った
ポテトチップスを期間限定でお届けします。
日高産昆布の旨味と香ばしいしょうゆが
ぽろしりとマッチする「昆布しょうゆ味」でお楽しみください。


みんなの感想
  • めっちゃ美味しくて止まらない。
  • 味が薄くて不味い。
  • 良い味。昆布が効いてて体に良さそう。

残念ながら、昆布が効いてても決して体には良くないだろう。
ポテトチップスは体に良くない食べ物の代表みたいなもの。
昆布自体は体に良くても、マイナスの方が大きいんじゃないかな。
私、自覚的に日々、毒を摂取しております、ええ。

味の濃度も決して薄くないと思います。
むしろ、ちょっと濃いめの方なのでは?
これで薄いって、煽りじゃなく、味覚を心配すべき。

ぽろしり故の美味しさとか、昆布しょうゆ味とのマッチ具合とか
正直、分かりません、いつもの事ですが。
食べる前からそうだろうなと思っておりました。
いや、誰だって分かんないってー。普通のじゃがいもだってー。
病気に強くて、たくさん収穫できて、見た目もきれい、
そういう点で農家やポテチのメーカーにとって素晴らしい、
その上で普通に美味しい。それで良いのでしょう。
食べる側にとっては、まあよく分からんよ。

味は、昆布がよく効いております。
以前あったポテトチップス 昆布しお味程では無いけれど。
ちょっとのり塩に似ている感じ。見た目も
昆布のツブツブがのり塩っぽいし。
「あおさ」も原材料として使われているから、
それものり塩っぽさの要因の一つかも知れない。

昆布の他にも、かつおぶしエキスパウダーや
あさりエキスパウダー等の海産の旨味を加えており、
イメージ的にはのり塩に旨味と醤油の風味を加えた感じかな。

ぽろしりが他とどう違うかはともかく、
普通に昆布しょうゆ味として美味しいです。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)(北海道産100%使用)、植物油、粉末こんぶ(日高産昆布100%使用)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、デキストリンん、砂糖、かつおぶしエキスパウダー(魚醤(魚介類)を含む)、あさりエキスパウダー、あおさ、しょうがパウダー、たん白加水分解物、粉末酢/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、甘味料(ステビア)、酸味料

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント