FC2ブログ
2018/10/31

りんご味ポテトチップス


普段は行かないスーパーで普段は見かけないポテチを発見。
ま、発見したのは9月頃なんですけどね。
りんご味ポテトチップス
販売元は旭フレッシュ株式会社というところ。
製造は湖池屋で、共同開発商品なのだそうだ。
DSC_0459.jpg
パッケージ左上に「にっぽん問屋」のロゴが。
そして画像の上方に小さな汚れが。
これは、あなたのモニターの汚れではない。
撮影時のテーブルの汚れだ。私の心の汚れでもある。

「にっぽん問屋」は、地域のうまいもんを目利きし、
全国の食卓にお届けする食品卸問屋のプロジェクトです。
古くから、問屋は地域のいい素材を掘り出し、全国に広げてきました。
そんな問屋が選びぬいた、とっておきのうまいもんをお楽しみください。


日本各地の商品づくりに全国からアイデアを募集するプロジェクトなのだそう。
この「にっぽん問屋」をPBとして紹介していたサイトもあったけれど、
さて記事のカテゴリはどうしたものかな。
PBと言ってもコンビニや大手スーパーのそれとは違う趣きだし、
湖池屋が製造と言っても旭フレッシュの商品として売られてるし、
という事で「色んなメーカー」に分類させてもらった。
言わば、その他である。その他だからって舐めている訳ではない。

りんご生産量日本一の青森りんごは、一日の寒暖の差が
大きい気候の中で栽培されるため、実の締まりが良く、
みずみずしい食感と、甘み、酸味のバランスが絶妙です。
青森生まれの「ふじ」の果汁を使用した豊かな香りと甘味を、
ポテトチップスのパリッとした食感でお楽しみください。


これも、いち生活者のアイデアから生まれた商品なのだろうか。
ググっても出てこなかったんで、その辺は分かりません。
7月30日発売でした。3ヶ月前の商品の紹介!舐めたブログだなあ。

みんなの感想
  • めちゃ美味い。リンゴパイを食う感覚。
  • こういうお菓子あるよね。何だろう、思いつかないけど。
  • 以外と美味しいけど、そんなに好きじゃない。

変わり種というか、ネタ系に片足を突っ込んでいる様で、
意外とまともに食べられる味でした。
しっかり、りんご味が染みているかの様な印象、
それはあくまで印象であって、実際はりんご果汁パウダーの仕業。
リンゴジュースの素を唾液で還元している感じ?(笑)

リンゴパイは連想しなかったけど、
薄切りのリンゴチップスの様にも思えたな。
甘いばかりじゃなく、ほんのりとした塩気が良い塩梅です。
多分、実際にリンゴでフライドチップスにした物より
美味しいんじゃないかなという気がする。
また、原材料にチーズパウダーが入っているのが面白い。
チーズ感は別に無いです。どういう役割なんだろう。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、りんご果汁パウダー、でん粉、チーズパウダー(乳成分・大豆を含む)、たん白加水分解物(小麦を含む)、オリゴ糖/調味料(アミノ酸)、酸味料、香料(乳由来)、甘味料(ステビア、スクラロース)

調味料がアミノ酸等じゃなくてアミノ酸。(限定!)
だからどうという訳じゃないが、珍しいなと。

内容量:55g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント