FC2ブログ
2018/09/28

燻製しょうゆ味

ブログランキングならblogram
ヤマヨシのポテトチップス燻製しょうゆ味
DSC_0453.jpg
もう、燻製って言うだけで心ときめいてしまう部分があるね。
ベーコン、チーズ、卵、塩、胡椒、パプリカパウダー…
店頭でもネットでも色々と買ってみたりしたものだ。
流石に自ら燻製作りに乗り出す所までは行かなかったけれど。
賃貸の集合住宅に居るので、近隣への迷惑もあるしね。

それにしても世の中には色んな物が燻製として売られている。
燻製醤油なる物の存在を知った時は、面白がって
買ってみたものの、これは期待外れだったかな。
醤油は普通でいいや、と思いました。

燻製の芳醇な香りと、コク深いしょうゆの味わいを
ポテトチップスで表現しました。お酒のおともにも
ぴったりの味わいをお楽しみください。


みんなの感想
  • 香り豊か。納豆のタレみたい。
  • 燻製チーズみたい。
  • 苦い。

こいつは結構ストレートに醤油味だぞ。
考えてみれば○○醤油味って、
バター醤油味、のり醤油味の他には無いな。無いよな?
まず見ない。醤油味じゃないくせに醤油を使っているのは
物凄~くいっぱいあるけどね。あれもこれも、そうだ。
この燻製しょうゆ味は、ポテチ界の第三の醤油味である。

と言っても、バター醤油味はバターと醤油の味、
のり醤油味はのりと醤油の味であるが、
燻製しょうゆ味は燻製としょうゆの味、ではなくて
燻製した醤油の味である。つまり、只々しょうゆ味。

原材料も結構シンプルな内容。先に記載すると。

原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油、粉末醤油(小麦・大豆を含む)、ぶどう糖、酵母エキスパウダー、デキストリン/調味料(アミノ酸等)、香料、くん液

燻製した醤油を使っているのではなく、
燻製の風味を足す為にくん液を加えている。
全体として他のポテトチップスよりも
用いられている材料の種類は少な目で
燻製しょうゆの味をダイレクトに感じさせようとしている。

なのでネーミング通りにまさに「燻製しょうゆ味」。
なんだけど、燻製しょうゆは料理を美味しくする調味料。
ただの味噌味やナンプラー味のポテチを食べたいとは
思わないし、そういう味のポテチも無い(あったらスミマセン)。

同様に、たとえ燻製されていても醤油は醤油。
その燻製しょうゆを用いて美味しくした何かの味。
その方がもっと美味しいと思いませんこと?
例えば、ヤマヨシなら燻製しょうゆビーフとかね。

確かに、ぶどう糖で甘味は加えられているし
苦味や旨味が含まれる酵母エキスパウダーも入っている。
納豆のタレっぽいって感想は、その甘み故だろうしね。
僕としては、それプラス何かあった方が好きだったかなあ。

もしくは、「うすしお」「うましお」が、じゃが芋自体の美味しさを
アピールする様に、この燻製しょうゆ味も普通の形状の
ポテチにするのではなく、ヤマヨシ得意の分厚いポテチで
出したら、また違ったかもしれない。あの分厚いの好き。
そうすれば、じゃが芋の旨味を燻製しょうゆで味わう、
みたいになって印象が変わってきたのではないか。

お取り寄せの燻製醤油はイマイチだったけれど、
このポテトチップスも似た様な印象だった。
逆に、燻製醤油好き!って人には良いかも知れない。
燻製醤油を使っている人がどれだけいるか知らないけど。

内容量:62g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント