FC2ブログ
2018/09/12

辛さひきたつ厚切りポテトスナック

ブログランキングならblogram
セブンイレブンのプライベートブランド商品、
辛さひきたつ厚切りポテトスナック
DSC_0443.jpg

ハバネロを使用した辛くて歯ごたえのあるポテトスナック。


2つ前の記事の、辛さ引き立つポテトチップスと対の様になって売っておりました。

こちら、「ポテトスナック」の方は東ハト製。要は「あみじゃが」ですね。
あみじゃがはポテトチップスの名称で売っている物だった筈だが
セブン&アイグループにはポテトチップスとして認めて貰えなかったのか。

個人的には、どちらかと言うと「厚切り」という表現に違和感ありますけどね。
ポテトをこの形にカットしたんじゃなくて、粉砕した物を固めたんじゃないの?
とすると、厚切りじゃなくて何だろう?厚固め?

みんなの感想
  • これは美味い。
  • 食感が良くて、辛さも丁度良い。
  • 食べ易くて良い感じ。

「辛さ引き立つポテトチップス」とは違って、辛過ぎという反応は無い。
オーソドックスなホットチリ味という感じ。むしろ辛さは、やや弱め?
食べ続けたら、じんわりと辛さが口に残り、その意味では
「辛さひきたつ」のフレーズに偽りは無いが、ほぼ同じネーミング、
同じ様なパッケージの構えで並んでいて、こうも辛さが違うのか。

「ポテトチップス」の方が、「こりゃ確かにハバネロ使用だけあるわ」
という辛さであるのに対し、こちらは「ハバネロでこんなもんか」となる。
原材料には赤唐辛子(ハバネロ1.6%)とあり、ハバネロも入ってはいるが
全体としては、それ以外の唐辛子による辛さが主体である。

万人受けと言う意味では、こちらの「ポテトスナック」の方が良いだろう。
この2つの商品を同時に並べるにあたって、やはりネーミングと
パッケージデザインには再考の余地があったのではないかと言わざるを得ない。

説明文を比べると、ポテトチップスの方は
「ピリッとした辛さとうま味がやみつきになる味わい。」で
ポテトスナックは「ハバネロを使用した辛くて歯ごたえのあるポテトスナック。」だ。
下手したら後者の方が辛い様に見えても不思議じゃない。

ハウスのカレーだと、バーモントカレーの辛口がジャワカレーの甘口と
同程度の辛さっていうのがあるけれど、箱に辛さ順位表が載っていて
それのお陰で、期待した辛さと違うのを買ってしまうのを避けられる。
「暴君ハバネロ」みたいに、唐辛子マークで目安を付ければ良かったのに。

辛さ以外の味の面では、前述の通りオーソドックスなホットチリ味の趣き。
ガーリックパウダーとビーフ風味パウダーで王道の旨味を加えてある。
「あみじゃが」でホットチリ味を出したらこうなるんだろうな、という。

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント