FC2ブログ
2018/08/02

シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌

ブログランキングならblogram
ちょっと風変わりなカラムーチョ、シビれカラムーチョ。
スティックタイプなので商品名としてはシビれスティックカラムーチョとなる。
シビレスティック。そんな英単語ありそう。ドメスティック。
DSC_0372_convert_20180802071505.jpg
そして椒辣辛味噌。ジャオラーシンミソと読むようだ。
そのまま書いても変換されないので、わざわざ
青椒肉絲(チンジャオロース)と辣油(ラー油)を入力して要らない文字を消す。
面倒くせぇ。と思ったら、山椒の椒だったぜ。

花椒の爽やかで鮮烈な香り
辛さとシビれによる刺激
味のベースにある味噌の旨み
新たな刺激の世界へ…


新たな刺激の世界…どんな世界なのかしら…エロイのかな?

花椒と書いてホアジャオと読む。日本の山椒と同じミカン科サンショウ属の植物。
山椒よりもパンチがあって痺れる様な辛さが特徴。四川料理によく使われる。
この花椒がポテチに使われる事自体が今まで恐らくなかったため、
これを味の主軸にした時点でもはやそれが新たな刺激の世界への入り口に。なるか?

みんなの感想
  • これは凄いね。そのままスパイスとして料理のトッピングに使えそう。
  • ひたすら痺れるばかり。
  • 唐辛子をそのまま食べてるみたい。

皆その刺激にばかり意識が向かうようで、
それだけインパクトのある刺激なのだろう。

実際、ビリッビリ来ます、コレ。
今まで激辛のポテチは沢山あったけれど、この痺れ具合は初だわ。
辛口の麻婆豆腐のビリビリ感、まさにあれだ。麻婆豆腐味では無いけど。
新たな刺激の世界というのは伊達じゃない。
いや、料理に使われるものとしては古くからあるものだけれども
ポテチとしてというかスナックとしてはなかなか斬新だろう。

花椒の他にも辛味は使われているのかな?花椒単体の味を知らんから、
ビリビリした痺れる刺激以外の辛さもあるのだが、それが何の辛さか
判別が出来ない。原材料には例のごとく香辛料としか書いてないし…。
カラムーチョ本体の色が殆ど赤くないので、唐辛子じゃないのかなあ?

このビリビリとした辛味が強烈かつ斬新で、そっちに印象を持っていかれるので
味噌の旨みと言われても「まあそう言われればそうだね」としか思えないや。
これ味噌じゃなくて他の味がベースでも、似た様な印象になってたんじゃ。

結構ダラダラと汗を掻きながら食べる事になりました。
刺激は非常に強いのですが、ホットチリ系の激辛と違って
舌が痛いって感じにはさほどならないのが良いね(少しはなる)。

辛口麻婆豆腐のビリビリした辛さが好きなら買いなのだろう。
僕はアレそんなに好きじゃないけどね。でも面白い味だった。

以前あった暴君ハバネロのシゲキ盛りでは山椒を使ってたけど、
あれも花椒を使えばもっと刺激的だったかもね。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、粉末みそ(大豆を含む)、香辛料、食塩、野菜エキスパウダー、砂糖、粉末油脂(乳成分を含む)、ポークエキスパウダー、デキストリン、チキンブイヨンパウダー、香味油(小麦・大豆を含む)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、香料、カラメル色素

内容量:90g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント