2018/07/12

ポテトチップス もんじゃ焼き味



今更それ紹介してどうするんだシリーズ。
47都道府県シリーズの東京の味、もんじゃ焼き味。
DSC_0358_convert_20180712061410.jpg

東京近郊で古くから親しまれてきた「もんじゃ焼き」。
だしのうまみと香ばしい味わいがポテトチップスによく合います。


正直、(大阪風の)お好み焼き味とどう違うんだろうと思った。
お好み焼きともんじゃ焼きの最たる違いは、その形状と食感。
ポテトチップスでその部分は表現しようが無い。
使われる材料はほぼ一緒である。

実際、「これお好み焼き味で売っても通るよな…」って味でした。
だしの旨味もあったけれど、それでお好み焼き味とは違うかって言ったらそういう訳じゃないし。

東京の郷土料理は他に、ちゃんこ鍋、桜鍋、深川めし等がある。
深川めし味なんかにしたら、他との違いが強調出来て良かったのでは。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、ソース風味パウダー(小麦・大豆を含む)、たん白加水分解物、粉末みそ、でん粉、粉末加工油脂、かつお混合エキスパウダー、ブラックペッパー、あおさ、粉末酢、オールスパイス、クローブ、香味油、キャベツエキスパウダー、ジンジャー、ソースパウダー(りんごを含む)、桜えびパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、カゼインNa(乳由来)、香辛料抽出物

内容量:55g

おしまい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント