FC2ブログ
2018/07/10

KOIKEYA PRIDE POTATO 紀州 岡畑農園の梅



KOIKEYA PRIDE POTATOシリーズの梅味、
「紀州 岡畑農園の梅」。
DSC_0348_convert_20180710093942.jpg
ゴミ箱に入れてから写真が無い事に気付いて
慌ててサルベージ。お陰で皺くちゃだ。

和歌山県の田辺氏上芳養地区は、小高い山々が連なる梅の一大産地。
岡畑農園「幻の梅」の故郷です。完熟させた粒選りの紀州梅を100%使用し、
風味豊かで甘酸っぱい「幻の梅」の美味しさが引き立つ一品に仕上げました。



みんなの感想

・梅の味が程良くて美味しい。
・甘ったるくて美味しくない。
・偽物の梅の味って感じ。

えっ不評が多い…。
甘い甘い言うから、どんだけ甘いのか恐る恐る食べてみたら
過剰な甘さという訳では無かった。
でも、甘めの味付けではある。

梅味というとまず強い酸味のイメージの人も多かろう、
特に梅味が好きな人はそれを期待するから
そういう人には期待外れになってしまうのかも知れない。

もしかしたら、地域性もあるのかも。
梅干しと言ったらとにかく酸っぱい物っていう地域、
甘みを加えた味付けの物が市民権を得ている地域。
それぞれの場所に住む人のイメージや好みの違いもあろう。

この「KOIKEYA PRIDE POTATO紀州 岡畑農園の梅」は
甘い梅干しの味を再現している様だ。
岡畑農園の「幻の梅」というのも、
「フルーティでたっぷりの甘さがお好みの方に。」
「上質のハチミツが味わいまろやかに」と、むしろ
その甘さこそが売りの一つの様だ。

僕の周りの人にとって、梅干し=ひたすら酸っぱいってイメージなのだろう。
僕も昔は「甘い梅干しなんて邪道」くらいのイメージだった、
今はそれぞれでアリだと思ってますけれどもね。
おやつ感覚で摘まむなら甘めの梅干しも悪くないかなと。
でも、ご飯のお供には抵抗あるかなー。

梅干しのキューっとした強い酸味に期待しないで食べれば
別に変な味じゃないと思います。
最初に気になった甘みも慣れたら別にしつこくないし、
そうすると梅の風味もしっかり味わえます。

原材料を見ると、味付けとしては梅干しパウダーが最も多い。
それでそれなりに甘いのだから、
梅干し自体の甘みがあるという事だね。

なお「梅干しパウダーはハチミツを含んでいます、
1歳未満の乳児には食べさせないでください。
」という表示があります。
このKOIKEYA PRIDE POTATOの袋の形状で、折り込まれた箇所に書いてあると
見落としやすい気がするが、そもそも1歳未満の乳児にポテチは与えないだろうから
まあ困った事は起こらないだろう。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、梅干しパウダー。ぶどう糖、食塩、砂糖、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、粉末酢、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、甘味料(ステビア、キシリトール、スクラロース)、香料、アカダイコン色素

内容量:60g

おしまい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント