FC2ブログ
2018/07/08

JAPAN PRIDE POTATO 九州焼のり醤油



KOIKEYA PRIDE POTATOかと思ったら
JAPAN PRIDE POTATOなのね。
DSC_0335_convert_20180707205804.jpg

2017年、世界遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と
関連遺産群。日本が世界に誇る、歴史と伝統がつまった宗像の魅力を、
老舗・湖池屋がプライドをかけて作り出すおいしさを通じて、届けたい。
そんな思いから生まれた、特別なポテトチップスです。


宗像は「むなかた」と読みます。宗像の魅力をポテチで届ける…
なかなか無謀なチャレンジで素敵だと思います。

宗像市で製造された醤油と、有明海で採られたのりを使用。
九州で親しまれる醤油ならではの甘みと、芳醇な焼のりの風味が
芋の旨みを引き出す、味わい深いポテトチップスです。


要は宗像市で出来た食材を使った味を届ける、
という事でグッと現実的になりました。
カルビーには47都道府県の味というシリーズがあるけれど
このJAPAN PRIDE POTATOもシリーズ化するのだろうか。

みんなの感想

・甘じょっぱいのが濃くて不味い。
・甘ったるいのが強くて醤油っぽくない。
・何とも言えない味。

不評が多めの模様。
何とも言えない味っていうのは、表現がし辛い、という意味なのか
ハッキリ言い辛いが美味しくない、という意味なのか。
どちらにせよ、美味しい!では無いんだね。

僕の感想。
確かに、甘い。甘じょっぱい。原材料を見ると、
味付けとしては粉末しょうゆが最も多くて、砂糖はその次。
さして甘くないポテチでも実は砂糖が多かったりするから、
味付けに粉末しょうゆが最も使われているのに甘いって事は
本当に宗像市製造の九州で親しまれている醤油自体が甘いんだね。

全国的に販売されている刺身醤油というのも甘いらしいが
普段使いの醤油まで甘いのは僕は嫌だな。
九州に住んでいたらまた違ってくるのかも知れないけれどね。
安めの寿司チェーン店に行った時も、ネタよりシャリより
卓上の醤油が甘めだったお陰で満足度が低かった事がある。
醤油っぽくないという感想も馴染んだ醤油と違う故かも。
甘めの醤油煎餅みたいな味だね。

濃い目の甘じょっぱさの印象が強くて、海苔が控えに回る。
のり塩味とか、のり醤油味だともっとのりが主役で前面に出てるので
そういうイメージで食べると、「のり弱くね?」ってなるかも。
全く味がしない訳じゃないが、甘めの醤油が主役で海苔は脇役かな。
原材料の表記順でも焼のりは後ろの方だし。
上で使った表現で言うと、細かい海苔を散らした甘めの醤油煎餅て感じ。

名前が「九州 焼のり醤油」で、九州の醤油が甘めという前提を
知らないと、抱くイメージと実際の味にギャップを感じる恐れあり。
「九州」は「焼のり」と「醤油」の両方にかかる前置詞(?)ですね。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、砂糖、たん白加水分解物(大豆を含む)、かつお節、昆布エキスパウダー、焼のり、食塩、オリゴ糖/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、香料

内容量:60g

ちなみに、1袋あたり1円を宗像市へ世界遺産保全活動の資金として寄付するらしい。

おしまい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント