FC2ブログ
2018/06/22

暴君ハバネロ シゲキ盛



「禁断の世界へようこそ!」と煽る
銀色のパッケージの暴君ハバネロ。
黄色のバリケードテープにはDANGERの文字。
DSC_0314_convert_20180622074151.jpg

超スパイシーー!これがシゲキ盛じゃ!!
4つのシゲキを1粒に凝縮!口の中でウマ辛さが爆発じゃ!


イラストにもある4つのシゲキとは、唐辛子、ワサビ、黒胡椒、山椒の事。
辛さは2種類に分類されて、唐辛子、黒胡椒はホット系、
ワサビはシャープ系とされる。…確認のためにググって
一番上に来たサイトには、山椒もホット系に分類されてたけど、正しいの?
山椒のピリピリは痛覚じゃなくて触覚への刺激だったと思うから
2種の辛味とは更に別のタイプの刺激なんじゃないかなあ。

ともかく、このシゲキ盛。辛さの目安はハバネロマーク10個。大きく出たな。
禁断の世界とか、DANGERとか、いかにも恐ろしそうだが
意外と大した事ないんじゃないかと推測。
というのは、4種類の香辛料を入れたというのがアピールポイントなのだが
それは色々な違う味がするという事であって、同じ辛味を大幅に増量したという
直線的な辛さの増加とはまた別なんじゃないかなと感じられたのだ。

みんなの感想

・そこまで凄くない。普通の暴君ハバネロの方が辛い。
・いやいや辛いって。辛すぎ。無理。
・辛さが持続して、不味い。

三者三様なのだが、別々の感想なのにどれも否定的なニュアンス。
辛すぎと言ったり辛くないと言ったり…。
僕自身の感想はと言うと、…なかなか辛いです。
激辛!という程ではなく、ハバネロマーク10はやっぱり大袈裟だけど、
それでも見くびっていてスミマセン、とは言える。

また、この辛さの感じ方が独特なんだ。
ピリピリして、ビリビリきて、ジワジワくる。なんじゃそりゃ。
一気に突き抜けるような辛さじゃないんだけれど、
色んな辛さの波状攻撃というか、割と早く強めの刺激を感じながら
持続性もまた強い。山椒は痛覚じゃなく触覚への刺激だから
他の痛覚への辛さとは違うとは上で述べたが、
このシゲキ盛ではちゃんと他の辛さと並ぶ刺激の1つとして
活きてる気がする。ああもう、ピリピリビリビリジワジワ。

辛さの強さの感じ方の違いがあるのも分かる気がする。
僕は、充分に普通の暴君ハバネロより辛いと感じたけれど
普通のより辛くないって思うのも間違いじゃないんだろう。
一つの辛さはそこまでじゃない(はず)なので、突き抜けた刺激を
求める人には期待外れになるのかも知れない。
だが、辛さが複合的と言うか立体的と言うか、
ずっと慣れない新鮮な刺激という風に思える。
僕は食べながら汗ダラダラ。

また、僕は辛さとは別に胡椒や唐辛子の風味が好きなので
色んな香辛料が含まれたこの味も嫌いじゃない。
刺激の奥にほんのりワサビの風味もあって面白い。

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、赤唐辛子、食塩、ブラックペッパーパウダー、砂糖、オニオンパウダー、山椒パウダー、ブドウ糖、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、デキストリン、チキンパウダー、乳糖、赤唐辛子ペースト、ホワイトペッパーパウダー、わさびパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香辛料抽出物、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆、豚肉を含む)

内容量:60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント