2016/12/09

グラン・じゃがビー フロマージュ味

さっそく、じゃがビーの事を書くぞ。
カテゴリは「ポテチと言うべきか分からん」だ。
もっとも、どんなにカルビーが「ポテトチップスじゃ無いんだからね」と
主張しても、じゃが芋をカットして揚げた物なんだから、
充分にポテチと呼ぶ要件は満たしていると思う。

DSC_0002_furonihairu.jpg
被写体が随分と画像の上部に寄ってしまったな。まあいいや。
「グラン・じゃがビー フロマージュ味」だ。

普通のじゃがビーとグラン・じゃがビーの違いは、
「素材を太めにカットして、「じゃがいもの味がもっとする」Jagabeeです」だそうだ。
「贅沢カット」と書いてある。試しに普通のじゃがビーも開けて比較してみたら
ほんのちょっとだけ太くなっていた。この、ほんのちょっとが贅沢感を醸し出すのかしら。
ただ、太めにカットしてある分だけ本数は少ないから
見た目の量は贅沢どころか貧相な感じがするぞ。

フロマージュって何だろうって思ったら、単にチーズの事らしい。勿体ぶりやがって。
フロマージュって語感から何かホワッとした雰囲気を感じる。でも単にチーズ。
「まろやかなチーズのコクと旨みがじゃがいもの味わいと絶妙にマッチし、
ふんわりとした甘さが後引くおいしさです。」って書いてあるぞ。
書いてある通りだぞ。書いてある通りだと、ここで他に何を述べたら良いか
分からなくて困るぞ。まあ、大体じゃがビーにハズレは無いよ。大体うまい。
すごく美味いか、そこそこ美味いか、まあまあ美味い。
「そこそこ」と「まあまあ」はどっちが上だろう?知らん。
これは、結構美味い。つまり、すごく美味い方だ、と思う。

イメージ写真にはカマンベールが使われているが、
原材料にはチーズパウダーとしか書いて無いんだけど、実際はどうなんだろう。
特にカマンベールっぽいなという感じはしなかった。
「まろやかだよー」って事を伝えるためにカマンベールの写真にしたのかな?
とりあえずカマンベールは苦手って人でも問題なく食べられる味。

とにかく、まろやか、まろやか、まろやか~、そんな味です。
そして、太めのじゃがビーに、この味付けはとても合っていると思う。
フロマージュとのマリアージュ。美味いぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント