FC2ブログ
2018/06/15

KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩



湖池屋のプライドポテトの一風変わった一品。
天ぷら茶塩(味)。
DSC_0294_convert_20180615032350.jpg
「てんぷらサクサク食感」ってあるけど、
ポテチは大体それもサクサクだよ、というか揚げ物は基本サクサクだよ!
と言いたいが、よりいっそう天ぷらっぽいサクサク感なのだろうか。

このパッケージはプライドポテトシリーズの説明文にも変化があった。

創業当時、湖池屋が追い求めていた職人がつくる天ぷらのような食感。
あの口の中で砕けるような噛み心地を、芋の洗い方、切り方、揚げ方など、
改良に改良を重ねて、ついに実現しました。日本産100%のじゃがいもの
旨みを閉じ込めた、料理のようなポテトチップスです。



天ぷらのような食感を創業当時から追い求めていた…ホントかよ。
以下はこの「天ぷら茶塩」の説明文。

愛知県産「西尾の抹茶」と福岡県産「八女茶」のてん茶。
天ぷらを茶塩で味わうように、2種類のお茶の豊かな香りと風味で
濃厚な芋の旨味をすっきりと味わう、和の魅力が詰まったポテトチップスです。



だそうです。てん茶とは、揉まずに乾燥させた茶葉で、
これを挽いたものが抹茶なのだそうです。
抹茶塩、好きじゃないんだよなあ。
美味しい物に巡り合った事が無いだけかも知れないけれど、
そういうブレンド塩で天ぷらが美味しかった記憶が無い。
牛カツを抹茶塩で食べた事もあったが、それも普通のソースで食わせろ!
としか思えなかったぜ。塩で食うならせめてブレンド無しの塩。
もしくは普通にツユか醤油で食わせろ派だ。
なので、パッケージを見ても期待は薄かった。

みんなの感想

・ほぼ、塩。
・塩が濃い。普通の塩。
・美味しいけれど、茶を感じない。

ただの塩味だってさ。みんな示し合わせたように同じことを言う。
見た目は結構、緑色なんだけどね。カビ生えてんのかなってくらい。

僕も食べてみよう…うん、塩だ。
お茶は何処に行った?色を見なければ
単なる塩味だと思って食べ終わってしまいそう。
ほぼ、塩。ほんの少し、既存の味で似ているのが、のり塩。

だけど美味しいわ。
お茶の味がそんなにしないのが逆に良い。
僕の記憶にある抹茶塩は、抹茶がクドい!そんなに主張は要らん!
って存在だったのだが、このお茶は主張が控えめ。というか、ほぼ無い。

「濃厚な芋の旨味をすっきりと味わう」ために完全に引き立て役になってるんだね。
偉いね。出る場所と引っ込む場所をわきまえている!
茶は茶として飲まれる時にだけガンガン主張すれば良いんだよ
と、抹茶塩も抹茶スイーツも得意じゃない僕は思う。

実は食感も良いわ。プライドポテトのシリーズって全部そうだったっけ?
よく覚えてないけれど、これは確かにサクサク食感とあえて書く意味あるね。
普通のポテチと堅あげの中間くらいの堅さと厚みに感じた。違ったらゴメン。

お茶を使った独特の風味、みたいな独自性を出したポテチかと勝手に思っていたが
そうじゃない、説明文にもある通り、芋の旨みを活かす事を主眼に置いた
シンプルな塩味の系列に並べて考えるべき味だった。
そして、それは主張の通りに達成されている様に思う。
つまり、なかなか美味いぜ。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油(ごま油を含む)、食塩、茶葉(抹茶80%、てん茶20%)、デキストリン、まぐろ節、たん白加水分解物(大豆を含む)、香辛料、オニオンエキスパウダー、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香辛料抽出物

内容量:60g

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント