FC2ブログ
2018/06/09

じゃがりこ 鉄鍋餃子味



じゃがりこの鉄鍋餃子味。
DSC_0297_convert_20180608063336.jpg
ただの餃子味じゃなくて、鉄鍋餃子味。
どの辺が違うのだろうか、じゃがりこは
パッケージで味の説明をせずに駄洒落しか書いてないから
どういうこだわりがあるのか全然分からんの。

みんなの感想

・餃子?良く分からん。ごま油の味。
・餃子っぽいけれど、美味くない。
・あんまり美味くない。

餃子と感じてもらえなかったり、
感じてもらえたと思ったら美味しくないと言われたり
散々な感想が並んでしまった。

僕は特にじゃがりこファンという訳ではないが
じゃがりこファンがあまり好みそうにない味という気はする。
ただ、餃子をカリカリに焼いて表面を焦がした感じはよく出ている。
その味と、じゃがりこのカリカリ食感がマッチして雰囲気アップ。
そういう意味では、じゃがりこにこそ合った味とも言えそう。
わざわざ鉄鍋と付けたのも分かるよ、という感じ。

逆に、餃子の中の餡のジューシーな味を連想するには難しい。
餃子をイメージできるかどうかは、餃子のイメージにおいて
比重が皮パリパリの方にあるか餡ジューシーの方にあるか、
そこで違ってきているんじゃないかな。

餡が少な目のカリッカリの餃子にタレを付けて食ってる様な味。
雰囲気は出てると思うんだけれどなあ。
いつものじゃがりこの美味しさとはちょっと違う味わい。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油(パーム油、米油、ごま油)、ミルクパウダー、粉末植物油脂、乾燥キャベツ、味付け豚肉風味フレーク(大豆・豚肉を含む)、食塩、でん粉、チキンパウダー、砂糖、粉末しょうゆ、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、こんぶエキスパウダー、ジンジャーパウダー、発酵酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(V.C)

内容量:52g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント