FC2ブログ
2018/06/08

ポテトチップス トムヤムクン味



名称は普通のポテトチップスのシリーズだが
形状も袋のサイズも普通のそれじゃないポテトチップス、
トムヤムクン味。
DSC_0293_convert_20180608063240.jpg
小さいサイズの袋で堅あげタイプ、
むしろ同じカルビーなら「ぽいっと!」に似ている。

「噛み締めるほどにクセになるおいしさ!
 辛味と酸味、複雑なうまみが絶妙なバランスの後引くおいしさ。
 赤唐辛子、青唐辛子、生姜、コリアンダーの
 4種のこだわりスパイス配合で、本場さながらの風味が楽しめます。」

本場じゃないけれど、以前に食べたトムヤムクンは
そんなに好きな味じゃなかったなー。たまたまその店の味付けが
自分に合わなかっただけかな。

みんなの感想

・臭いけど美味い。
・自分の好きなカップヌードルのトムヤムクンの味みたい。
・好きだけど、好みが分かれそう。

好みが分かれそう、という感想もあったが
とりあえず3人が美味いと言うので、賛否の賛の方が多くなりそうだ。
僕はと言うと、僕も美味しいと思いました。

好みが分かれそうな要因の大きな一つ。
コリアンダー!こいつは別名、パクチー。
好き嫌いの分かれる食材の代表である。
個性が強いので「あ、パクチー入ってる」って速攻で分かるけれど
「パクチー味」と違って、あくまで味全体を調える調味料の
一つという感じなので、よっぽど毛嫌いしてない限り大丈夫。

後は辛味と酸味と甘味が同居しているのも独特で
それも好みが分かれそうなポイントだろうか。
そこがトムヤムクンの個性でもあるのだけれど。
だが、大抵の辛いポテチには甘みが使われているし
酸味のある辛い食べ物としてはキムチが慣れ親しまれているし
ここで抵抗を感じる人はそこまで多くないんじゃないかなと思う。

甘くて辛くて酸っぱくて旨味があって…
その複雑な旨味を演出する一つが魚醤パウダー。
あとえびパウダーも入っているのか。
ああ、辛味と酸味とコリアンダーに気を取られて
魚介の風味を意識するのを忘れていたぜ。
他が色々と濃いからさぁ…えびはまあ隠し味だ。そんなに強くない。

「絶妙なバランスの後引くおいしさ」という表現は間違いない。
個性的な味、濃いめの味付けで、一般的なサイズのポテチだったら
最後の方は少し飽きてしまうかも知れない。
その意味で小さめサイズのこのパッケージも丁度良い感じ。
堅あげなのも味付けに合っていると思う。

トムヤムクンそのものは一度しか食べた事が無いが
そのトムヤムクンより、このトムヤムクン味の方が好きだ。
カップヌードルのそれも食べた事が無いが
僕はポテチの味としてのトムヤムクンを気に入った。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、魚醤パウダー(魚介類)、麦芽糖、フライドオニオンパウダー、赤唐辛子、コリアンダーパウダー、しょうが、えびパウダー、レモン果汁パウダー、青唐辛子/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、パプリカ色素、甘味料(ステビア、甘草)、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:45g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント