FC2ブログ
2018/06/08

ポテトチップス ゼットカット イタリア産岩塩のしお味



チップスターのYBCから発売のギザギザタイプ、
ポテトチップスゼットカット。英語表記でZ-CUT。
DSC_0283_convert_20180608063135.jpg
「特殊なカッターでスライスした「Z型」のポテトチップス。
 シャープな外観とクセになる食感をお楽しみください。」

その、「イタリア産岩塩のしお味。」
岩塩のしお味。同語反復じゃないか!と言いたくなるが、
イタリア産岩塩味だと、岩塩だけの味って印象になる。
一言「しお味」と言っても、うましお、のりしお、色々ある。
そういう、塩味ベースの色々混じったしお味なのだろう。

「イタリア産岩塩を使用し、隠し味にポルチーニ茸の風味を効かせました。」
という訳でただの塩味じゃないのだ。

みんなの感想

・こっちの方が美味しい。(同シリーズのブラックペッパー味と比べて)
・エリンギの風味が効いてて良い。

エリンギは使われていません。
大雑把に、キノコの風味という共通点から連想したんでしょうか。
ほんのーりとクドくない甘みがあり、チキンやらホタテやらの
ダシも効いてて食べ易い美味しさに仕上がっております。
分類的にはうましお系に近いんだろうけれども、
それらはどちらかというと和風な味という印象だが
これは、その洋風バージョンと言えば良いだろうか。

その要因はイタリア産岩塩…ではなかろう。
チキンブイヨンの他に、食べても気付かなかったけれども
トマトパウダーなんかも使われていて、それも洋風っぽさに影響しているのかも。

ポルチーニも隠れ過ぎず出過ぎずで良い塩梅。
このポルチーニ、我々の食卓には比較的馴染みの薄い食材。
僕は何度か購入して自分で調理する時に用いた事があったから
「おっ、ほんのりポルチーニ効いてるじゃん。」と自然と気付いたけど、
意識的に口にした事がなければ、記憶の中の他のキノコを連想するのかも。

オーソドックスな美味しさの様で、ちょっとだけ違う
安定感と独自性のそれぞれをそれなりに備えたポテチと言えようか。
 
原材料名:馬鈴薯、植物油脂、うま塩シーズニング(ぶどう糖、食塩(イタリア産岩塩94%使用)、チキンブイヨンパウダー、ホタテエキスパウダー、砂糖、トマトパウダー、香辛料、たん白加水分解物、酵母エキスパウダー、ポルチーニパウダー)/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(スクラロース)、(一部に大豆・鶏肉を含む)

芋と油以外の材料をうま塩シーズニングとして
括弧の中に含めるのにどういう意味があるんだろう?

内容量:60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント