FC2ブログ
2018/06/07

カラビー 唐辛子4倍ましましバージョン



カルビーの辛いポテトチップスと言えば、
現在はカラビ~という事になっている。
昔、食べたときにそんなに美味しいと感じなくて、
自分の中でカラムーチョ>カラビ~となっていたのだが。
DSC_0267_convert_20180607065306.jpg
そのカラビ~が唐辛子を4倍にしていた。
いかにも辛そうである。

「カルビーのカラビ~とはカルビーの辛味系ポテトチップス。
 旨みと辛さのバランスがポイントで
 比較的幅広い方に食べやすい商品です。」

幅広い方というのは恰幅が良い人という事かな。
違いますね。老若男女、幅広い層に食べ易いという事ですね。

「カラビーの唐辛子を遊びゴコロで4倍にしてみました。
 ウマ辛なカラビーをお楽しみくださいませ。」

せっかく幅広い層に向けていたカラビーにとんでもない事をしたようだ。
というか、商品名は「カラビ~」じゃなくて「カラビー」で良いんですね。
これは、みんなの感想を聞かないといけないね(いつものこと)。

でも、わざわざ箇条書きにする様な内容はあまり無かった。
大体「辛い」か「美味い」。まあ、ウマ辛なカラビーですからね。
あ、「程良い辛さで甘さもあってバランスが良い」という具体的感想もありました。

程良いとな?激辛じゃないのか…。
と僕も食べてみる。確かに辛さは強めだが。
唐辛子4倍!というインパクトから物凄い辛さをイメージしていたが
思ったほどの辛さじゃないな、という印象。
まあ初めから激辛なんて言葉は用いられていないのだが。

ただ、「遊びゴコロ」って表現されたら「やらかした」感あるじゃない。
ペヤングの辛さMAXみたいな。そういうんじゃないのね。
カルビーはやっぱり、そこまでやらかさないのね。
優等生がちょっとだけハメを外してみました、みたいな。
通常の辛いポテチの1ランクだけ上の辛さって感じ。

辛さ以外の味の面での特徴は、何と言っても唐辛子の風味。
スパイスを色々と増加して辛くしたポテチと違って、
原材料には砂糖、食塩に次いで唐辛子が記載。
一般的なホットチリ味よりも前面に出た唐辛子味。

唐辛子って、辛いだけじゃなくて甘味、旨味、酸味がそれなりにあるらしい。
その中でも他のポテチよりハッキリ強く感じるのが酸味。
うどんやそばに七味をかける時にしか唐辛子を使わない人には
ピンとこないかも知れないが、唐辛子って酸味があって
それが唐辛子の独特の風味を醸し出す一端を担っているのだ。
そういう風味を、このカラビーから強く感じる。

普通のカラビーと比べてどうとは語れないが、
唐辛子4倍のこのカラビーは美味いや。
一口目は単調な味かなと思ったけど、なかなかどうして
手が止まらない。額に汗ダラッダラで食べ終わった。
口で感じる程々の辛さの割に発汗作用が凄いな。

あと「アレンジ紹介」として
「マヨネーズをのせる」「唐辛子をもっと投下」と載ってる。
何だ、遊びゴコロと言いながら思い切った事ができなくて
後は消費者に丸投げか?度を超した事をやるならどうぞご勝手にってか?

というわけで、両方やってみたれど
マヨネーズは、せっかくの辛さも味も覆い隠しちゃうし
唐辛子投下は、元々整っていた味に単に唐辛子を足しただけって感じだし
別にアレンジで美味しさが増すとも、別の美味しさがあるとも思わなかった。
普通に食べるのが一番でしょう。これは。

ちなみに、これを書いている時に食べているのは2袋目。
1袋目は開封してから食べ切らない状態で数日放置して(テープで閉じてはいた)
湿気させてしまった。が、その少し湿気た状態で食べてみたら
最初に食べたより妙に美味しく感じたのだ。
油が馴染んだのか?辛さが抜けて旨味を感じやすくなったのか?
当然、油は酸化して体に悪い食べ物がより一層悪い状態になるので
積極的にお勧めする食べ方じゃないが、辛すぎ!とか
イマイチ…と感じたら、そんな食べ方もあるよって事で。
健康に悪影響があっても責任は負いません。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、唐辛子、オニオン、でん粉、ポークエキスパウダー(小麦・大豆・鶏肉を含む)、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、粉末加工油脂、チリパウダー、粉末しょうゆ、酵母エキスパウダー、香味油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、パプリカ色素、香辛料抽出物、甘味料(ステビア、甘草)、香料、カゼインNa(乳由来)

内容量:68g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント