2016/12/07

ポテトチップスとは何ぞや

ポテトチップスのブログを始めて思う。
一体どこからどこまでがポテトチップスなのだろう。
ポテトチップスとしてブログで取り扱う範囲に迷うのだ。

基本は、ジャガイモをスライスして素揚げした物だ。
確か、元祖がそうだったからね。
「芋が分厚すぎるんじゃ!」というクレーマーに
当て付けで物凄く薄切りにして揚げて出したら
逆に好評だったのが始まりって話ですね。

薄い輪切りの素揚げ。素揚げというか、
ポテチ自体が揚げ物の衣みたいなもんだけどね。
薄くしてカリカリにしたのが始まりなら
ホクホクの状態のポテトはポテチじゃ無いと言えそうだ。
つまりフライドポテトはポテトチップスじゃ無いと。
まあそんな状態のポテトのスナック菓子は今のところ
存在しない様なのでここはあまり考える必要は無い。

加熱の方法は恐らく揚げるか焼くしか無いと思う。
茹でポテチや蒸かしポテチは見掛けた事が無い。
また、日本語で一言「焼く」と言っても
英語だと色んな表現に分かれるが、細かい事は良い。

形状は輪切りの物が大半だが、
カラムーチョスティックの様なスティックタイプもある。
それらを基本として、ギザギザにしたり厚切りにしたり
ボコボコにしたり歪みや捻れを作ったり、
様々な形のポテチに派生している。

また、ジャガイモをそのままカットした物だけでなく
一度細かいフレークにしてから形成する(と思われる)物もある。
このタイプも形はそのままカットのタイプを模している。

ここで一つの疑問。カルビーのジャガビーは
果たしてポテトチップスに分類すべきなのか。

眠い…。続きはまた後で書くよ。
スマホの電池も切れるし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント