FC2ブログ
2018/05/30

ポテトチップスSTRONG 岩塩ブラックペッパー



「辛味や酸味をいかしたストロングな食べ応え」を謳う
湖池屋のSTRONGシリーズ、2つ目は岩塩ブラックペッパー(味)。
DSC_0280_convert_20180530065504.jpg
「パンチある岩塩と薫り高いブラックペッパーで感じる、濃さの衝撃。
 強いキレと辛味の岩塩ブラックペッパー。」

コクという言葉はポテチの説明文で腐るほど見てきたが
キレはあまり無い。これまでのブラックペッパー味とは
一味違いそうな雰囲気がありますよ。

みんなの感想

・胡椒が濃すぎて食えたもんじゃない。
・THE 胡椒!って感じ。
・3つの中ではこれが一番美味い。

賛否が分かれた。だが3者共通の感想としては
とにかく胡椒が強いのだ、という事。
決して辛すぎるのでは無い。胡椒の味をダイレクトに感じるのだ。
ポテチを食べる直前にペッパーミルで黒胡椒を挽いて
かけて食べているかの様な濃厚な黒胡椒の味。

塩も強く感じる。これは実際に塩気が強いのか、
味付けが比較的シンプル故に塩を強く感じやすいのか
或いはその両方か。ブラックペッパー味のポテチの
多くは醤油やオニオンや肉のエキスも調味料として
用いているのだが、これにはそれらが入っていない。
そのために、シンプルに岩塩と黒胡椒の味がガツンと舌に伝わる。

と言って、これ本当に岩塩を使っているんだろうな?と猜疑心にかられる。
原材料には食塩としか書いてないけど、これは岩塩の事だと思って良いのか?
精製塩ではあるまいな。そう信じたいのだが、サワークリームオニオンに
オニオンが入っていなかったからな、迂闊には鵜呑みには出来ない。
少なくとも、岩塩だと信じるに足る味ではある。

少し濃いめに感じる塩気に後味に残るピリピリ感と胡椒の風味。
なかなか無骨な味付けである。無骨とは洗練されていないという
本来、悪い意味の言葉ではあるが、ここでは良いニュアンスで使っている。
海外製のポテチでもオニオンを入れたりするが、それよりもずっと無骨。
僕は普段お酒を飲まない人間であるが、これはビールに合う味なんじゃないかな。

「単純な味の濃さだけではない」「辛味をいかしたストロングな食べ応え」
このフレーズに寸分の狂いの無い味付けではあった。
サワークリームオニオンが酸味を強めた足し算の味なら、
こちらは醤油やオニオンや肉エキスを使わない引き算の味であった。
あ、サワークリームはオニオンを使ってないから、あっちも引き算か。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、香辛料、ぶどう糖、たん白加水分解物(大豆を含む)、砂糖、オリゴ糖、焙煎米粉/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酸味料、香料

内容量:56g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント