FC2ブログ
2018/04/20

エスニカン



「1980年代のヒット商品を復刻!!」3つ目は、
1986年に発売されたエスニカン。
DSC_0222_convert_20180421043535.jpg
「「エスニカン」はエスニック感覚のエキゾチックなポテトチップス
 ほどよい辛さがクセになるおいしさです。」

グリルビーフがわさビーフを意識した商品だったとしたら(憶測)
こちらはカラムーチョの対抗馬か(これも憶測)。

皆の感想

・辛くない。
・濃くなくて丁度良い。
・普通。

反応が悪い、というか、薄い。
そんだけ?何かもっと言う事無いの?
この復刻シリーズは3つとも反応がイマイチだったなあ。

僕の感想。…これは悪くないんじゃない?むしろ、美味しいんじゃない?
なので、もうちょっと良い反応があっても良いんじゃないかと
意外に思った。

カルビーのホットチリ系のポテチは色々な種類が
出ては消えていった。「カラ・イー」「ヒーハー!!」「カラビー」
カラビーは最近また復活したみたいだけれども。
そのどれも、「やっぱりカラムーチョの方が旨いな」
という感想なっていたのだが、この復刻盤であるエスニカンは
カラムーチョより美味いなと思ったのだ。劣化…。

辛さは確かに弱い。程良いかは主観によるが、
他の辛いポテチが苦手でもこれはイケるんじゃないかって位。
「辛いポテトチップスです」感を前面に出すポテチの中では最弱か。
原材料の記載では芋、油に次いでチリパウダーが多いんだけどね。
辛味が弱い品種のチリパウダーなのかな。辛味は控えめだが風味がある。
見た目が真っ赤っかなのはトマトパウダーで演出している模様。

辛味が弱い他に、カラムーチョと明確な違いを感じる部分、
ガーリックもほとんど主張してこない。こちらも記載は下の方で、少な目。
他に、粉末しょうゆ、上記のトマトパウダーも味の円やかさに繋がっている。
グリルビーフの時は、粉末しょうゆ使い過ぎー!みたいに悪く言ったけれど
スミマセン、主張をコロコロ変えるみたいだけれど、こっちは良い感じ。

エキゾチック、エスニック感覚…異国風、特に東南アジアや中東を指す場合に
多く用いられる言葉だが、醤油がしっかり効いていて、全く異国感は無い。
復刻3種とも醤油が入っているんだよな。便利使いし過ぎだぜ。
トマトも非常に馴染んだ食材だしね。でも、美味しいから良いのだ。
辛いポテチなのに、辛くない、でも美味しい。

復刻3種の中では個人的には断トツで美味い。
3つのうち、これだけリピート購入したからね。またリピートしそう。
カラムーチョより好き。辛さだけ強めても美味しいんじゃないかな。
期間限定で終わらずにレギュラー商品化して欲しいくらいだ。
でも、周りの反応は味同様にアッサリしてるんだよなあ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、チリパウダー、食塩、砂糖、コーンスターチ、オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、チキンパウダー(豚肉を含む)、トマトパウダー、酵母エキスパウダー、唐辛子、ビーフパウダー、ガーリックパウダー、調味植物油脂、香味油/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、カラメル)、酸味料、香料、甘味料(ステビア:乳成分を含む)、香辛料抽出物

内容量:70g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント