FC2ブログ
2018/04/18

暴君ハバネロ・暴ポテト 燻製仕立て



暴君ハバネロ・暴ポテトとほぼ同じパッケージで
あれ?同じヤツ?と見間違えた、
暴君ハバネロ・暴ポテトの燻製仕立て。
DSC_0172_convert_20180306211407.jpg
「燻製仕立てじゃ!」の一言以外はそっくり。
よく見ると唐辛子の表情がちょっと違う(コイツが暴君ハバネロ?)。

果たして味の違いはどれだけのものか、実食。
開封したら、箱から漂う香りがもう、燻製。

食べる。
おおー、これはまさに、燻製仕立て。
めちゃくちゃ燻製の風味が効いてます。
その風味の分だけ少し辛さは感じにく…いややっぱ辛い。
暴ポテト(燻製仕立てじゃない)の方がストレートな辛さだった。
こっちは、燻製の風味にインパクトがあるから
その分だけ辛さの印象は分散するのかも。
あと、さり気なく粉末醤油も加わっている。

ともかく、燻製らしさは非常に強い。
燻製の風味を効かせたポテチやポテトスナックが
これまでどれだけあったか、よく覚えていないけれど
これほど前面に出ているのはあまり無かった筈だ。
燻製風味のポテトスナックじゃなくてポテトスナックの燻製、
って言われても違和感が無いくらいの燻製っぷりである。
実際は、原材料の燻製唐辛子パウダーが仕事をしている模様。

やっぱり、燻製は、いいねえ。
この燻製唐辛子の味、もっとオーソドックスな物になって欲しい。
美味しいのだから、スティックだけじゃなく普通の暴君ハバネロも
燻製仕立てを出して、他のポテチも真似して欲しいのだ。

燻製唐辛子、買っちゃおうかな、チポトレじゃなくて、乾燥のヤツ。
と思わせるくらい、印象的なお味でした。そして少し醤油味でした。
これ醤油は要るの?無くても良くね?

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、小麦粉、植物油脂、赤唐辛子、食塩、砂糖、ガーリックパウダー、デキストリン、粉末油脂、たん白加水分解物、ブドウ糖、酵母エキスパウダー、オニオンパウダー、野菜エキスパウダー、燻製唐辛子パウダー、チリパウダー、チキンエキスパウダー、乳糖、粉末醤油、ホワイトペッパーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、赤唐辛子ペースト、澱粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、セルロース、香料、炭酸Ca、鶏卵未焼成Ca,増粘剤(カードラン)、乳化剤、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、カラメル色素、(原材料の一部に牛肉、豚肉を含む)

内容量:45g

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント