FC2ブログ
2018/04/11

レインボーポテトチップス



「ドン・キホーテ特別企画」のポテトチップス、
レインボーポテトチップス。当然、ドン・キホーテでしか売ってない。
DSC_0217_convert_20180411154723.jpg
お、下に別のポテチの袋が見切れている。
(見切れるって元々は演劇やテレビの業界用語なんだって。)

買いに言ったら、最後の3つくらいだった。あっぶねー。
再入荷があるのかどうかは知らん。

「七種類の素材の出汁を使用したポテトチップスです。
 素材の旨味が融合し後引く美味しさに仕上げました。」

七種類の素材…むしろセブンイレブン限定商品っぽいけど
あくまでドン・キホーテ規格の商品である。

皆の感想

・エビとホタテの風味でめっちゃ美味い。
・どっちつかずな味。イマイチ。
・パッケージの割にインパクトが無い。

賛も否も両方ある感じですね。
これに使われている7種類の出汁は、
あさり、しいたけ、こんぶ、かつお、えび、ほたて、かき。
しいたけ以外は全て海産物であった。
そして、実際に僕が食べた時の印象も
魚介!よく分かんねーけど、とにかく魚介!海の味!だった。
旨みがモッワワ~ンと口に広がって、よく味わおうとすると
その中で「これはカツオの味だな、ホタテも感じるな」って分かる感じ。
カツオ、ホタテ、エビと、やっぱり動物性の旨味の方が主張が強いのかな。
自分の食べる分も少なかったのもあって(言い訳)、他はよく分からない、
感じ取る前に食べ終わってしまった。

どっちつかず、と言うのもインパクト無いってのも、分かる。
前者はよく言えば説明文にもあった「旨みが融合」という事になる。
色々入れ過ぎて味の焦点がボヤける、と言ったところだろうか。
7種類のうち1つか2つ抜いたところで大きく味は変わらなそうでもある。
どれかの風味を際立たせた方が食べた時の印象はクッキリするのかも知れない。
商品の企画として「レインボー→7」という発案から味付けが決まったのだろうか。

そうだとすると、派手なパッケージだけど味は地味目なのも理解できる。
確かに出汁の味なら、もっと落ち着いたパッケージにしそうな所ではある。
とにかくモワモワした味で、どういう意図で企画したのかモヤモヤするポテチだった。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント