FC2ブログ
2018/03/21

ポテトチップス せいだのたまじ味



今回こそは、まだ買える筈だ(3月21日現在)、
47都道府県の味シリーズ、山梨の味「せいだのたまじ味」。
DSC_0194_convert_20180321034630.jpg
せいだのたまじ…?何それ。
パッケージの写真は何だかミートボールみたいだけど。
袋がクシャクシャなのは撮影を忘れて一度ゴミ箱に入れてしまったからだぞ。
 
「ちいさなじゃがいもを味噌で甘辛く煮詰めた、素朴なおいしさ」
「せいだのたまじは、山梨県上野原市の郷土料理です。
 「せいだ」とは江戸時代の飢饉対策にじゃがいもを広めた代官
 「中井清太夫(せいだゆう)」からつけられたじゃがいものことで、
 たまじとは中でも小粒のことをいいます。」

つまり、厳密には「せいだのたまじ」は小さなじゃが芋を指していて
味付けは名前に含まれていないのだ。ポテトチップスじゃが芋味。
じゃがバター味を超えた、2回言っただけじゃんネーミング。
これは「とんがりコーン」の「焼きとうもろこし」に並ぶ。
ま、どっちもタレの味なんですけどね。

皆さんの感想

・大学芋みたいな味。
・そもそもの味を知らんし、何とも言えない。

うーん、可もなく不可もなく、みたいな感じでしょうか。
僕の感想。結構、甘めですね。甘めの味噌味。
郷土料理にありそうだなーって味。郷土料理の味なんですけどね。

で、「甘辛く煮詰めた」とあるけれど、辛くはない。
これ、よくあるパターンなんだけど、もしかして「甘辛い」って
甘くて辛さもある味の事じゃないの?と思ってググったら
「甘さと辛さのある味」って説明と
「甘さと塩辛さのある味」って説明の両方が出てきた。
どうやら、僕が使う「甘じょっぱい」が関東圏の方言で、
その味を指すのは「甘辛い」が正しいらしい。

そっか。そう言えば、辛いは元々塩辛い事を指す言葉だったね。
でも「甘辛」で甘くて辛いを指す場合も多いと思うし、ややこしい。
「辛い」が塩味と痛覚刺激の辛さと両方を指すのが紛らわしいので
もう「甘じょっぱい」を標準語にしてしまって欲しいところだ。

話を、たまじのせいじ味に戻します。
味も見た目の色も濃いめ。小粒のじゃが芋って事で、
味の付き方も濃いめのイメージなのかも知れない。
原材料もシンプルで、確かに素朴な感じの味。

原材料名:じゃが芋(遺伝子組み換えでない)、植物油、粉末みそ(大豆を含む)、食塩、砂糖、コーンスターチ、果糖、たん白加水分解物、こんぶエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、スクラロース)

内容量:55g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント