2016/11/22

ポテトチップス オイルサーディン山椒焼き味

口内炎が痛い。

オイルサーディン味。
DSC_0002_oiliwashi.jpg
「私のオイルサーディン ポテトチップス」と大きく書いてあるが、
商品名は記事タイトルの通り。「私の」っていうのは左下で
目を見開きつつ笑っている「間口一就」さんでしょうか。
変わり種系のポテトチップスっぽくて敬遠する人もいそうなパッケージです。
「ハイボールに合う」とあるので、ツマミとして購入してねって事かな。
少し前にビールに合うって言ってるポテチもありましたが。
相変わらず私はポテチ・オンリーで食べるとします。
銀座にあるバー「ロックフィッシュ」の人気メニュー
「オイルサーディン山椒焼き味」を再現したそうだが
当然、私には確かめようが無い。ただただ、ポテチとしての感想を述べよう。

けっこう濃いな。そして案外と馴染み易い味。
オイルサーディン味と言うけれど、何か他の味を連想するな…
同じイワシだけどアンチョビっぽいなと思って原材料を見たら
やっぱりアンチョビパウダーを使っておりました。
あと、生姜を連想したんだけれど、こちらは原材料には書かれておらず、
香辛料と香辛料抽出物とは書かれているが…うーん何で勘違いしたんだろう。
そして肝心の山椒も原材料には無い模様。実際に山椒のピリピリ感は無いです。
また、心なしかポテチ自体が若干、厚く硬く感じられました。確信は無いけれど。

パッケージで紹介されてるおつまみがどんな味かは分からないけれど、
一般的に売られている缶詰のオイルサーディンよりは
アンチョビに近い味です。そこに醤油やみりんを用いて馴染み易くした味ですね。
癖の強さはあまりなく、意外と子供でも喜んで食べられそうな味だと思います。

おつまみとしてでは無くても、普通におやつとしてもいけますね。
でも、濃い目の味付けはやっぱり飲みながらを想定してるのかな。

パッケージ裏には上記の「ロックフィッシュ」と、そこで使われる缶詰めの
「竹中罐詰」の紹介がビッシリ書かれております。
ウンチクを読みながらハイボールを楽しんでねって事かしら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント