FC2ブログ
2018/03/05

極じゃが じゃがバター味



カルビーの、極じゃが、じゃがバター味。
商品名を一行で書くと「じゃがじゃが」になって何か煩い感じがする。
「極じゃが」と書いて「きわじゃが」と読む。
当然、一発で変換できないのでその都度「極み」と入力してから「み」を消す。
面倒臭い商品だ。
DSC_0167_convert_20180302162015.jpg
「たどり着いた美味しさのヒミツは厚さ3.5ミリ※の極みカット。
 ザックリ、サクッ!とした食感とじゃがいもの風味がしっかり楽しめる
 ちょうど良い厚さの極じゃがをぜひご賞味ください
 ※フライ前のスライスの厚み」

以前に同じ極じゃがの焼き塩味を記事にして以来、ずっと見かけなかったので
単発の商品だったのかと思っていたが、久々にコンビニで
このシリーズを見かけた次第である。その一つがこの、
芳醇な味わいと謳う、じゃがバター味。

皆の感想

・食感が良い。
・バター感ある。
・濃くて美味しい。
・バターの味しない。

バターの味がしないと言うのは、いつもの味覚障害クンだ。
分かるだろ!これくらいは。普通はバター感じるって。
バターをタップリ使ったお菓子の様なホンワリ感、
そういうのを食べた人は大体、感じると思うぞ。
そりゃバターを齧った様な味はしないけどさ。

素材を味わう系のアッサリした味付けかと思ったら
意外と甘味があってコッテリしてる。
食感も前回と同様にザックザク。
ん?そういや最近ではザ・ポテトってのも
ザックザクの食感だったな。あれはギザギザカットの波が
大きくなっていた。こちら極じゃがはオーソドックスなギザギザ。
同じザックザクでもカットのサイズが違うとやはり感じ方も違う。
ザ・ポテトの方がより芋の風味が感じられた気がする。
こちらは噛み応えを重視している感じか。
どっちも、風味も噛み応えもあるんだけど、敢えての比較をすればの話。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、乳糖、粉末植物油脂、たん白加水分解物(大豆を含む)、コーンスターチ、酵母エキスパウダー、乳等を主要原料とする食品、チーズ、昆布エキスパウダー、バターパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料

バターそんなに後ろの方なんかーい。
案外、バターの味しないと言ったアイツの方が正しいのかも知れん。
味覚障害とか言ってゴメンね。でもいっつも〇〇の味しないとか言うじゃん。

内容量:40g

ここまで書いて「極」は「きょく」で変換すればいいと気付いた。きょくじゃが。

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント