2016/11/19

ポテトチップス ねぎ味噌味

コンビニでは見かけず、スーパーで見つけた期間限定のポテチ。
DSC_0002_negimiso.jpg
左下にいるネギを抱えた馬は群馬県マスコット「ぐんまちゃん」。
カモネギならぬウマネギ。このポテチに何か群馬が関係あるのだろうか。
説明文には特に何も無いし、特産品をググっても特にネギ或いは味噌が売りでも無い模様。
※コメントでご指摘いただきました。群馬県の特産品の下仁田ネギだそうです。

だが、「コクのある味噌と風味豊かな ねぎの味わい。」の右下に「フレッセイ監修」とある。
このフレッセイと言うのが、群馬に展開するスーパーのチェーンの様だ。
じゃあ何でそのフレッセイがねぎ味噌味の監修のするのか、結局よく分からない。

よく分からないが、ともかくこのブログでは、ただ食べて
その味に関してグダグダと述べるのみだ。他は知らない。
開封だ。香りは、味噌だ。ネギの匂いはあまりしない。
実食だ。味は、味噌だ。ネギの味はやっぱりあまりしない。
いや、する事はするんだけれど、味噌がメインだ。
そりゃ、ねぎ味噌を口に含んだから味噌の味がまず感じられるだろうけどさ。

「コクのある味わい深い味噌」ってどんな種類の味噌なんだろう。
よく分からないが(分からないって言ってばかりだな)、とても食べ易い味ではある。
まあ、こういう食べ易さは粉末みそより多く使われているぶどう糖のお陰なんだろう。
ダイレクトに味噌だけ塗って食べている様な味では無い。
このまろやかな味噌の味に色んな風味が隠れていて、
そのうちの一つにネギも混じっているという様な印象。
実際、原材料を見ると、ねぎパウダーよりも
チキンエキスパウダー、オニオンパウダーの方が多く使われている様だ。

「隠し味に唐辛子を加え」とも書いてある。食べ続けても
殆ど辛さが気になる事は無い。本当に隠し味として働いている。
まろやかな味噌の風味を引き締めている…んだと思うよ。

ねぎ味噌なのか?はともかく、なかなか美味しいと思う。
うす塩、のり塩、コンソメ、バター醤油…そういった定番に並んでも良い様な、
奇を衒(てら)わない、きっと誰にも馴染み易いオーソドックスな美味しさ。
ネギの風味を前面に出したポテチを食いたいなら他を当たろう。

ところで、原材料にポテチとしては見慣れない文字列。
甘味料として「アスパルテーム-Lフェニルアラニン化合物」なる物が。
これ、合成甘味料で毒性を指摘する声もある模様。
別に何も「こんな危険な物を使うとは何事だ!」と言いたい訳じゃ無い。
ポテチの記事をほぼ毎日の様に書いておいて、そんな事はしませんよ。
こういうのは低カロリーを売りにする様な食品に使われるイメージなんだが、
ポテチに使っても、そういうのを気にする人は、そもそもポテチを買わないんじゃ?
独特の後味があるらしいので、調味の為?それとも、原価が安いからかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぐんまちゃんガンバレ

群馬県の下仁田ねぎは、埼玉県の深谷ねぎと並んで特産品なので、ポテチになったのでしょう

あ、そうだったんですね。情報ありがとうございます。
「群馬 ねぎ」で検索したら、すぐ下仁田ネギが出てきました。
もっとちゃんとよく調べないと駄目ですね。
というか、キャラがネギ持ってたら察しろって話ですね。

そう言えば昔、高速道路のサービスエリアで
下仁田ネギのポテトチップスを購入した事がありましたが、
これが結構おいしかった覚えがあります。