FC2ブログ
2018/02/23

暴君ハバネロ 暴カイロ・ウマ辛ジンジャー味



汗ばむ辛さじゃ!という暴君ハバネロ、暴カイロ・ウマ辛ジンジャー味。
暴カイロと書いてボッカイロと読む。ホッカイロのパロディですね。
DSC_0159_convert_20180223160747.jpg
「ハバネロとジンジャーで寒い冬を乗りきるがいい!」
ですって。お菓子で乗り切れるなら苦労はしないよ。
辛さの目安は、唐辛子マーク5つ。
どんだけ辛いのでしょうか。

皆さんの感想

・生姜の味がしてめちゃ美味い。
・生姜の味がしない。唐揚げみたい。
・油っこさが無くて、辛さも丁度良い。

真逆の感想が。
それなりにジンジャー、感じますよ。
ただ唐辛子の味と辛さの方が強いから
そっちに印象を持っていかれるのかな。
なので味の主体は唐辛子、オーソドックスなチリ味に近く
そこにアクセントとして生姜が効いている。
生姜のピリッとした辛さが強すぎない程度にありつつ
赤唐辛子のジンワリとした辛さと旨みが後味として残る。

唐揚げっぽいか?と言われると、そう言われれば
そんな気がしないでもない…かな?
チキンエキスパウダーが使われていて、
唐揚げの下味に使われる生姜の味もするから、
それで唐揚げを連想するのかも知れない。
つまり、生姜の味がしないと言いながらも
ちゃんと生姜を感じ取っていたのだ。

辛さはそれ程でもないかな。刺激的な辛さは期待しなくて良い。
ただ、ちょっと食べただけで意外と額が汗ばんだ。
これがジンジャーパウダーの効果かも知れない。
因みに、若い女性は辛い物を食べてもあまり汗ばまないらしい。

生姜は過熱すると、ジンゲロールという成分が
ショウガオールという成分に変わって、
これが体を温めるのに非常に効果的らしい。
ジンジャーパウダーは加熱処理されたものなのかな?
案外、冬に食べるのに意味があるかも知れない。
流石に、これだけじゃ乗り切れませんが。

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩、赤唐辛子、砂糖、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、澱粉、ジンジャーパウダー、チキンエキスパウダー、オニオンパウダー、酵母エキスパウダー、カレーパウダー、赤唐辛子ペースト、加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料(原材料の一部に乳成分、小麦、ごま、大豆、豚肉、ゼラチンを含む)

カレーパウダーも入っていたのか。そう知ると、
そういえばカレーっぽい味もしたかも…って気になってきちゃうな。

内容量:56g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント