FC2ブログ
2018/01/31

おいしさまるごとナチュラルポテト



2018冬、今期のテレビドラマで面白いのは、
「リピート」と「アンナチュラル」かな。
ただ、作中に分かり易いくらいベタな嫌な奴が出てくると、
その人物に対してと言うより、それで視聴者の感情を揺さぶろうとする
脚本家に対して苛立ちを覚えてしまうけれども。

ナチュラル繋がりで(強引)、今回は
「おいしさまるごとナチュラルポテト」。
DSC_0131_convert_20180131030353.jpg
「ベルギー産ポテトを皮付きカット。」
カットしたら丸ごとじゃないじゃん!と頭を過ったが、
皮付きだから、丸ごと使ってますよって事だね、きっと。

こういうポテト本来の美味しさ系はカルビー製かなと思ったら、
「セブン&アイグループとブイエフアンドティ株式会社の共同開発商品です。」って。
カルビーだったら、国産ポテトに拘りそうだしね。
この会社、存じ上げませんでしたが、何でもバキュームフライという技術で
様々な加工食品・スナックを作っている模様。
知らないうちに、この会社の製品をどこかで食べてるのかも知れない。

みんなの感想

・美味しくてついつい手が出る。
・形からして中が柔らかいかと思ったら違った。何でこの形にした。
・じゃがりこのコーンバター味のインパクトが強すぎて、こっちは何も思えない。

3つのうち2つが何か変な感想だな。
こういう形でこういう食感のポテト、普通にあるよ?
というか、こういうパッケージで芋の中が柔らかいって思う人、
あんま居ないと思うぞ?何を言っているんだ、全く。
何も思えないって感想も凄いけど、「普通に美味しい」くらいと思っておこう。
そして、3人に食べてもらい、そのうち一人がついつい手を出した結果、
元々少ない量が更に減り、またしても僕の食べる分が僅少に。
カップの底に3、4個くらい?やったね。健康への悪影響が小さくて済むね。

比較対象となりそうなのは、じゃがビーだろうか。
じゃがビーより硬くてガリガリした食感である。
ポテトそのものの美味しさ、的な面では、印象としては
カルビーのそれ系には少し及ばないかも知れない。
が、悪くない。この辺はポテトの産地の違いなのか、
それとも製造過程の違いなのか。
皮付きってのも大きな特徴。

味付けはビーフ系。よくある感じだね。←ちょっとしか食えなかったから適当。
ええ、まあ美味しいです。普通に美味しい。←適当。

原材料名:じゃがいも(ベルギー)(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、岩塩、ブドウ糖、粉糖、ビーフ調味料、ポテトグラニュール、香辛料、オニオンエキスパウダー、粉末醤油、たん白加水分解物、調味料、(アミノ酸等)、ピロリン酸Na、甘味料(ステビア)、酸味料、二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、香料、(原材料の一部に乳成分、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、ゼラチンを含む)

内容量:38g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント