2016/11/14

じゃがいも心地 サワークリームオニオン

連続カルビーから抜け出して今回はコイケヤの
「じゃがいも心地 サワークリームオニオン」だ。
DSC_0002_convert_20161114070601.jpg
下の指は気にするな。ちゃんと胴体まで繋がっているぞ。
「贅沢な厚みで、さっくり美味しい」とある様に
普通のポテチより厚くて、パッケージにもいつもの「ポテトチップス」が無いが
違うタイプのパッケージが出る度にカテゴリを増やすのは躊躇われたので
コイケヤの普通の奴って事にしちゃうぜ。

食べるぜ。「贅沢に厚くスライスした」とある様に、なかなか厚みを感じる。
以前ヤマヨシから出てた2倍の厚みのポテチを思い出す。
これも同じくらいあるかな…いや、1.5倍くらいかな?いや、やっぱ2倍あるな。
そして食感が特徴的。「厚切りなのにさっくりとした心地よい食感」とある。
確かに、これはザックリじゃなくて、さっくり。さらに言えば
片仮名でサックリじゃなくて、平仮名でさっくり。あまり硬くなくて、
強く噛み締めなくてもホロッと崩れてゆく。そんでもって、
厚切り且つ崩れやすい故か、芋自体の味が口に拡がる様だ。
…と言いつつ、普通にザクッとした物も、時にはゴリッとした物もある。
個体差が大きい。だが、崩れた後の独特の食感は一緒だ。
そして、たまに苦い。

サワークリームオニオンの味も強過ぎず柔らかい仕上がり。
サワークリームオニオン味ってゴテッとした味のイメージだったし、
コイケヤのポテチって食べてるうちに舌が疲れる様な、
「ジャンクフードですが何か?」みたいな開き直った様な味付けが
多いようなイメージだったが、これは少し控えめな印象。
「”じゃがいも”本来のおいしさをサワークリームオニオンの
 コクと旨みが引き立てます。」だって能書きなんだけど、
本当に引き立て役に回っている感じ。凄い、我慢できる様になったんだね!

サワークリームと言いつつ、酸味は弱い。柔らかい甘味があって、
まるで「じゃがいも自体の持つ甘み」かの様に思わせる味だが、恐らく粉糖の甘味だろう。
北海道産じゃがいものポテチの味付けに北海道産サワークリームと使う事によって
じゃがいも自体の持つ風味とサワークリームの酸味とコクが三位一体となって
絶妙なバランスの味に仕上がっている!かどうかは知らない。
そういうのは分からないが美味い。

それにしても、コイケヤが「じゃがいも本来の美味しさ」を演出するとは。
そういう気取った事はカルビーがやるのがお決まりだったんだが、
コイケヤもそういう事をするようになったんだね。

という訳で、コイケヤが「じゃがいも本来の美味しさ」に
目覚めたらどうなるのか知りたい人にお勧めだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント