FC2ブログ
2017/12/01

ラクレットチーズ風味



ヤマヨシのポテトチップス、ラクレットチーズ風味。
「濃厚チーズとオリーブオイルの風味をまるごと楽しむひととき」
って書いてある。

ラクレットって何じゃろ?と思ってググる。
スイスのハードタイプのチーズで、
温めて溶かした部分を茹でたじゃが芋に塗って食べるんだって。
「アルプスの少女ハイジ」では暖炉で溶かして食べてたんだって。ふーん。
オリーブオイル関係ないじゃん。

また、このポテチは厚さが1.5倍。
「チップスの厚さを1.5倍(※当社比)にすることで、じゃがいも本来の
 おいしさとしっかりとした触感が楽しめるようになりました。」

昔、ヤマヨシから1.5倍の厚さのレッドペッパー味だったかな?
そんなのが出てたんだけれども、あれは美味しかったなー。
ブラックペッパー味は1回、レッドペッパー味は2回リピートした。
じゃが芋に塗って食べるというラクレットの味を再現するってのには
確かにこの厚切りが向いているのかも知れないね。

「さらにオイルスラリー製法でオリーブオイルとラクレットチーズの味わいを
 生地にしみこませとろーり濃厚なラクレットチーズの味わいを再現しました。」

オイルスラリーって何じゃろ?ってまたまたググってみたら
小池屋のスコーンの記事ばかり出てきた。パクりか!
いや、特に特許があるわけじゃなけりゃ別に何処が使ってもいいのか。

じゃあ皆様の感想

・もっとチーズがガツンと来るかと思ったけれど、そうでもなかった。
・普通のチーズ味と一味違う。美味しい。
・あまりチーズっぽくなくて、写真のイメージ通りで美味しい。
・あまりチーズ感が無い。普通。
・厚さがある分だけ味わいがあって美味しい。

割とバラバラな感想。僕は、ひとくち食べた時に、
うわっチーズが濃厚!と思ったので、チーズ感が弱いという感想が
複数あったのが不思議だった。
それも、濃厚だけどそんなに好きな味じゃないと思ったので、
チーズ感が無くて美味しいって感想は真逆じゃないかと。

その謎は食べ続けて解けたのだけれど、味付きのムラが大きい。
濃いのはとても濃くて、薄いのはまた薄いんだ。
感想にバラつきがあるのもそれが原因かも知れない。
それも、味が薄くても、単なる希薄な味じゃなくて
それはそれで個性のある味として成立しているので
ちょっと食べて「こういう味なんだな」と結論を出しちゃうのだ。

多分、オイルスラリー製法のおかげで芋に味がある程度は染み込むので
パウダーがかかっている量が少なくても味わいを感じるのだと思う。
そして、僕はその薄くなっている部分の方が好き。濃厚さが売りなのに(笑)。
濃い部分は、チーズを香ばしく焼いて味が凝縮された感じがよく出ている。
甘さや円やかさが主体のチーズ味とは確かに一味違う。
チーザが好きな人は好きになるかも。僕はチーザの方が好きだけど。
だって、濃い部分は塩気も強い気がするんだもの。

ともかく、チーズとじゃが芋の味わいは前面に出ている。オリーブオイルは、
すまん、分からん。チーズの濃淡に意識を持っていかれたわ。
まあ、芋とチーズだけで食べるシンプルな料理の再現みたいだし
それで良いんだと思う。個人的には、味が薄いのが全部で良かったのに、
と思うけれど、じゃが芋に乗っけるラクレットも均一じゃ無いだろうしね、
という事で納得しようか。でも、厚切りで薄味のが食べたいです。

結論としては、厚切りのレッドペッパー味の復活を希望する、という事です。

原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、パーム油、オリーブ油、デキストリン、米油、食塩、ホエイパウダー(乳成分を含む)、酵母エキスパウダー、チーズパウダー/香料(大豆由来)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、パプリカ色素

内容量:55g

おちまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント