FC2ブログ
2017/11/28

KOIKEYA PRIDE POTATO 幻の芋とオホーツクの塩



数量限定だから、もう売ってないかな。すまんな。
だが、まだ見かける可能性もあるぞ。
DSC_0082_convert_20180221053934.jpg

金ピカでやたら目立ち、やたら高級感を醸し出すパッケージ。
これまでとは一味も二味も違うぞ、心せよ、とでも言いたげであるが
これまでの小池屋プライドポテトは「そこまで大袈裟に言う程でも無いかな…」
というのが正直なところであった。これも例に漏れず、
「まあ、こんなもんかな」という感想になる予感がする。

「幻の塩とオホーツクの塩」と、芋と塩の2つが売りみたいなネーミングだが、
パッケージの説明文はひたすら、今金男しゃくのPRに徹している。
オホーツクの塩も持ち上げてやれよ。

「その希少性から、幻のじゃがいもと呼ばれる北海道産の
 「今金男しゃく」をポテトチップスに。その甘みゆえに、焦げやすく
 揚げることが難しいとされる最高級品質の男爵いもを、
 老舗・小池屋の職人技で極上の味わいに仕上げました。」

以下略。
 
では、皆様の感想を聞いてみよう。

・ただのうすしお。
・普通のうすしおとしか思えない。
・バランスが良い感じ。美味しい。
・美味い。普通のうすしおの味が気体なら、これは固体。

ただのうすしお、という感想と、普通より美味しいという感想が半々だ。
気体と固体と言うのは…ちょっと何言ってるのか分からない。
塩の粒が大きい訳じゃないし…。味がしっかりしてる、とでも言いたいのだろうか。

僕としては、美味しいと思うけどな。一味違う、くらいには。
甘~い。とは感じないが、芋の美味しさは、感じ取れるぞ。
二味も違う!とまではいかない。
最初は塩が濃いかな、と思ったけれど、食べてたら気にならなくなった。
舌が慣れたのか、味にムラがあったのか。恐らく、後者だ。

「芋の素材そのものの美味しさ!」タイプの中では
特にずば抜けている訳じゃない。つまり金のパッケージは大袈裟だ。
美味しいは美味しいんだけれど、パッケージを見ずに食べたら
普通のうすしおのポテチとして食べちゃいそうだな。
それで、「何かこのポテチは美味しく感じたな」と何となく思うような。

数量限定で、もし買えなかったとしても強く惜しむ程じゃあ無い。
だけど、レギュラー商品のポテチのうすしお味がこれ位の美味しさになったら
「うすしおを買うならコレだよね」ってなると思う。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、でん粉分解物、食塩/調味料(アミノ酸等)

内容量:73g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント