FC2ブログ
2017/10/14

ポテトチップス 山形芋煮味



「ヤッショ、マカショ!」

とパッケージに書いてある言葉は、山形花笠祭りの掛け声であるそうだ。
意味は、分からない。

「親しい人たちが野外で大きな鍋を囲んで食べる、
 山形の芋煮の味わいを再現しました。」

山形の郷土料理、芋煮。
芋と言ってもジャガイモではなくサトイモ。
ポテトチップスのポテトはジャガイモ。
芋煮の芋はサトイモ。

一言で芋煮と言っても、
地域ごとに味付けや具材が違う傾向にある様だ。
豚肉みそ味、牛肉しょうゆ味、等々。
原材料を見ると、粉末しょうゆとチキンパウダーが
多く使われているから、鶏肉しょうゆ味の芋煮の再現であろうか。

皆様の感想

・仙台牛の炙り焼き味を先に食べたから、
 そっちが濃かったせいで、よく分からない。
・コンソメとしか思えない。
・(コンソメという感想を聞いて)言われてみれば、そんな気がする。

僕の感想。
決して、薄い味ではないぞ。そして、コンソメでは無いと思うぞ。
いや、舌に乗せた最初の瞬間はそれっぽいかも。でも違う。
多分、チキンの他にも旨みを感じさせる材料や野菜が多く使われているから
コンソメ味を思わせる味の構成になったんだろう(名推理)。
かつお節や昆布、シイタケといった旨みのある和風のだしや
はくさい、ねぎ、ごぼうの野菜がコンソメ味とは異なる味わいを出している。

芋煮自体は食べたことが無いが、
野菜の多い和風の煮物の雰囲気はよく出ていると思う。
その雰囲気につられて、サトイモの味さえ頭をよぎるような。
おかしいね、サトイモは原材料には無いのにね。
ある意味、和風コンソメだと思って食べても良いのかもしれない。
きっと、旨味がとても強いからそう感じるのだ。
ほのか~な酸味もコンソメ味との違いかな。

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、粉末しょうゆ(大豆を含む)、食塩、コーンスターチ、チキンパウダー(豚肉を含む)、酵母エキスパウダー(乳成分を含む)、ぶどう糖、かつおぶしパウダー、ねぎパウダー、ビーフパウダー、しいたけエキスパウダー、小麦たんぱく発酵調味料、こんぶエキスパウダー、調味動物油脂、はくさいエキスパウダー、香味油、ごぼうパウダー/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、カロチノイド、炭末)、酸味料、甘味料(スクラロース、ステビア)、香料

内容量:55g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント