2017/10/13

ポテトチップス 仙台牛の炙り焼き味



「47都道府県の味、ぞくぞく登場!」

って、正直シンドイ。
買い逃しの恐れもあるし。
あんまりハイペースで発売しないでくれ。

ポテチの説明としての文章はこれ。
「香ばしい香りにタレのジューシーな味わい。
 仙台牛の旨味広がるおいしさをお楽しみください。」

以下、宮城からのメッセージ。
「「仙台牛」は主要銘柄牛の中で唯一、A5・B5ランクに限定した
 黒毛和種ブランド牛肉です。霜降り状のきめ細かいサシが入った牛肉は、
 想像を超える柔らかさで、和牛特有の甘い香りが食欲をそそります。

その美味しさがポテチで再現されている事は、予め期待はしない。
いつの日か仙台牛そのものを食べてみたいね。
ああ、いつの日か、A5ランクの肉を気兼ねなく食べられる様になりたいね。
そんな事を思いながら今日も僕はジャンクフードを食べるのだ。

先に皆様の感想

・既存のポテチで食べた事ある様な味。
・何かよくありそうな味。
・ビーフの香りがして美味い。

好評ではあったが、特に新鮮味は無い模様。
まあビーフ味ってのは定番だよね。
明確な違いを出しにくいよね。

僕の感想としては。ちょっと甘い。
原材料としては、ぶどう糖は入っているものの
決して多い方じゃないのだけれど。
和牛特有の甘さを表しているとでも言うのだろうか。
ビーフパウダー(仙台牛100%使用)は食塩に次いで多いので
そういう事なのかもしれない。例によって、
僕には違いが分からないのだけれど、というか
仙台牛の味を知らないのだけれど、そういう事にしておこう。

堅あげポテト 炙りベーコンと黒胡椒味に感じた
甘みと炙った感じを思い出した。あっちより食べ易いけどね。
炙った牛肉の味と言えばKOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り牛もあったが
そちらの方が美味しかったかな。読み返すとボンヤリとした感想だけど。いつもか。

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ビーフパウダー(仙台牛100%使用)(小麦・大豆を含む)、粉末しょうゆ、コーンスターチ、ガーリックパウダー、酵母エキスパウダー(乳成分含む)、たんぱく加水分解物、ぶどう糖、チキンパウダー、黒こしょうパウダー、ジンジャーパウダー、粉末植物油脂、発酵調味料、粉末ソース、ポークエキスパウダー、調味動物油脂/調味料(アミノ酸等)、香料、着色料(カラメル、カロチノイド、炭末)、酸味料、甘味料(ステビア)

内容量:55g

仙台牛100%のビーフパウダーに含まれる小麦・大豆って
飼料に含まれてたって事なのかな?
ともかく、「仙台牛だと一味違うなあ」とはなりませんでした。
そこは要求する方が酷というものだ。
仙台牛は仙台牛で、ポテチはポテチで、味わいましょう。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント