FC2ブログ
2017/10/04

プリングルズ チーズグラタン



お久しぶりなプリングルズ。
今回はチーズグラタン(味)。
乾燥ポテトを使った輸入のポテチなのに
国内のポテト不足事情と足並みを揃えるように
新商品の登場が控えめだった気がする。
もともと、こんなペースだったっけ?

「濃厚チーズがクセになるホクホクおいしい洋食の定番料理!」

それは、チーズグラタン自体の説明ではなかろうか。
と思うのだが、まあいいや。そんな事より、パッケージイラストである。
いつも、プリングルズのイラストはふざけていた。
ポテチを擬人化して、踊らせてみたりスポーツをさせてみたり。
肝心の味のイメージがほとんど伝わってこない様な物あった。

それが今回はどうした事だろう。
グラタンをスプーンで掬っているだけのイラスト。
普通!いたって普通である。ポテチをスプーン代わりに…
という事すらしない。どうした。プリングルズのイラストが
普通だなんて、普通じゃないぞ。
イラストでふざけないなんて、ふざけているのか。
あれか、イラスト担当が交代したのか?単なる気紛れか?
或いは、僕がブログで茶化し続けたせいか?(違う。)

画像は、まだない。すまぬ。写真は撮ったんだけれどもね。
修理してもらったパソコンが、微妙に使い勝手が違ってて。
USBで繋いだスマホのデータに、マウスで右クリックしたら
今までは「移動」って選択肢が出てたのだが、出ない。
難しい事をしようとしてる訳じゃないのだが。よー分からん。

気を取り直して、味の話にしよう。
割とオーソドックスなチーズ味です。チーズの種類?知らん。
そして、とっても濃厚です。濃厚なのだが、
グラタンの味だとは感じないなあ。
普通のチーズ味の濃い目って感じ。
強いて言えば、焼いて焦がして濃くなったチーズの味を
連想して、そこがグラタンっぽいっちゃ、っぽい。かな?

グラタンに入るものと言えば、マカロニとかポテトとか
色々あるけれど、必ず入るのはホワイトソース。
というか、それが元になってのグラタン。
そのホワイトソースらしさを、もっと感じられたら
グラタン味だと認められる味になっていたんだろうな。
原材料の小麦でん粉は、その演出の為に用いられているのかな?
その他にミルクパウダーなんて使ったら、もう少し
グラタンらしくなっていたかも…と素人が偉そうに言ってみる。
と思ったら、たんぱく質凝縮ホエイパウダーなる物が
使われていたのに気付いた。これもミルクパウダーみたいな物か?
ま、何にせよグラタンっぽくはないと思うよ。

他の人の感想

・プリングルズっていつも、こういう味。

分かる。独特のプリングルズ味だよね。
これが好きな人と、あまり好きじゃない人がいて、僕は後者。
ごめん。いや、似た味だと記事を書くのに困るのもありまして。

・めちゃくちゃ美味い。全部食べて良いですか?

駄目です。僕が記事を書けなくなるので。
何がそんなに気に入ったのか分からないが
きっとプリングルズ味が好きな人だ。
このサワークリームオニオン味でも
プリングルの方が美味いと言っていたし。
しかしじゃがりこトリプルチーズ味の時は
チーズ味があまり好きじゃないと言っていたくせに、
よく分からん奴じゃ。

・グラタン!って感じ。

マジか。グラタンを感じる人もいるのか。
そう言われると不安になる。食べなおしてみる。
…う~ん、僕にはやっぱり単なるチーズ味にしか思えん。
塩気の強いチーズ味。じゃないですかねえ。
食べる前に見たパッケージの「チーズグラタン」という
ネーミングに印象が左右されてんじゃないの?

以上、全て書き終えた直後にエラー発生で
全文が消え去って、新たに書き直した記事でした。

原材料:ポテトフレーク(遺伝子組み換えでない)、植物油、小麦でん粉、調味粉(マルトデキストリン、食塩、砂糖、酵母エキス、たんぱく質濃縮ホエイパウダー(乳成分を含む)、植物油、チーズパウダー、香辛料)、米粉、マルトデキストリン、ぶどう糖/乳化剤、香料(大豆由来)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酸味料

内容量:53g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント