2016/11/08

コク深いビーフ&ガーリック

ビーフと何かの組み合わせと言ったらヤマヨシのわさビーフのシリーズが
最初に思い浮かぶが、コイケヤからもビーフ+○○というポテチが出た。
DSC_0002_nannomaneda.jpg
ビーフ&ガーリック。もともとコイケヤからはレギュラーの商品として
ガーリック味が出ている。パッケージの色が同じピンクなので
似たような味なのかな、このガーリック味をベースにしているのかな、と推察される。
能書きを見ると、
『1970年に「ポテトチップス ガーリック」を発売以来、
 研究を重ねてきた湖池屋ならではの新しいガーリック味です』
との事で、やっぱりあのガーリック味がベースっぽい。濃そうだなあ。

実際に濃かった。匂いも味もニンニクがムーンと来る。
「牛(ビーフ)の旨みにコクを加えるガーリック!」とパッケージにあるが、
どちらかというとガーリックが主でビーフが従の様に感じる。
というか「牛(ビーフ)」って、牛=ビーフって分かってるよそれは。

ビーフ感はヤマヨシのシリーズより弱いのかも知れない。
というか、ニンニクがとても強く感じられるので、それで覆い隠されて
相対的に感じ難くなっているのかも知れない。
原材料を見ると、「肉エキスパウダー」。またこいつか。だから何の肉だ。
そして、下方には「ビーフ調味パウダー」。これを組み合わせる事で
ビーフ感を出そうとしているのだろうが、実際に牛肉の成分は使われているのだろうか?

薄くスライスした牛肉にガーリックチップをたっぷり乗せて食べるイメージかな。
旨みはともかくコクはよく分からないな。濃くはあるんだけれどね。
濃厚な味付けとニンニクを食べ続けた時のモワモワ感で
一人で食べ続けてたら舌と胃が疲れてしまいそう。
何人かでちょっとずつ摘まむのが丁度良さそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント