2016/11/07

じゃが味+ ベーコン味~カルボナーラ味

誰だ。勝手に私のポテチを食べたのは。
DSC_0001_dorobou.jpg
空き巣に違いない。
留守の間に泥棒が入り込み、ポテトチップスを開封し
半端に食べ残して帰っていった。そういう事だろう。

だが、その半端な食べ残しのお陰でこの記事を書ける。
元の容量がどれくらいか分からないが、
残っているのは恐らく半分くらいの筈だ。

中に付属されている袋入りのパウダーで
途中から味を変化させるという試みの新規のポテチ、「じゃが味+」。
しかし読みが「じゃがあじ」なのか「じゃがみ」なのか分からない。
パッケージにも書いていないし、公式サイトにも書いていない。
CMでもあれば発音が聞けるかなと思って「じゃが味 CM」で検索したら
上位2つにカルビーのサイト。無いんだね。

今回は「ベーコン味~カルボナーラ味」
蓋を開けると、好きなタイミングで味チェン!的な事が書いてあるが
もう既にそこそこ食べられているので、あまり選択肢はない。
ベーコン味の味を確かめたら速攻で味チェンだ。

薄いな。味が薄くて、ベーコン感があまりない。
後からパウダーをまぶす事を考えて薄味にしてるのかな。
だが、ベーコンと言ったら強い塩気と凝縮された旨味だ。
この状態で食べ進めるには味気ない気がする。
早々にパウダー投入だ。

ああ、こちらは紛れもなくカルボナーラ味だ。
まあ卵黄とチーズと黒胡椒とベーコンを組み合わせれば
カルボナーラ味になるんだから、そう難しい再現じゃない気がする。
(本来カルボナーラで使うのはベーコンじゃなくて…云々といった話は放棄しましょう。)

そして、ポテチが少ない状態でパウダー投入したもんだから
もう本当に粉まみれ。でも、これがある意味でカルボナーラの濃厚感を
演出していると言えなくもないかな。最後は容器の底にパウダーが
たっぷり残ってしまった。そして、指先が濃厚なカルボナーラ味に…。

これは、かなり早い段階でパウダーを投入して食べるのが正解だった気がする。
味チェン!遊びは前座としてさっさと済まして、後はカルボナーラ味として楽しみましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント