2016/11/05

ティレル シーソルト&ブラックペッパー

近所のスーパーの中をフラフラと徘徊。
何か購入する目的がの物があって入った筈なのに、
あちらこちら回っている間に色んな物をカゴに入れている。
肝心の最初の目的の物を買い忘れ、
逆に、家に帰ってから袋の中を見て「こんなの買ったんだっけ?」
となった事すらある。脳がポテチの油にやられているのかも知れない。

こちらの「ティレル」は、そんな風にスーパー内を徘徊中、
ポテチのコーナーでは無く、何故か、チーズが並んでいる
冷えたショーケースの中に鎮座していた。
DSC_0001_siroebi.jpg
ポテチ冷やしてどうする。

ポテチ目的ならポテチコーナーにしか行かないだろうから、
チーズの隣に置かれても見逃す人がいるんじゃないだろうか。
特に要冷蔵って訳でも無いし。チーズを好む様な人に食べて欲しいのか?
酒のつまみとしてお勧めですって事なのか?
私は酒は嗜まないが、ポテチとして見つけた以上は食すしかあるまい。

しかし、いかにも「こだわってます」という風格が漂う佇まい。
髭のおじさまが巨大なペッパーミルを抱えている。
パッケージ裏の能書きはこうだ。
『じゃが芋農家が、自ら立ち上げた「ティレル」。
 地元へレフォードシャ―産じゃがいもを小ロットで揚げた
 歯ごたえが自慢のポテトチップスです。』
イギリスからの輸入品なんですね。食べてみます。

最初のうちは、あまり辛く感じません。でも、辛さ控えめなのかなと
思って食べ続けていると、じんわりと後追いで、蓄積した辛味が来ます。
そして、堅あげなので一枚一枚じっくりと噛み締めて食べ進めますが
これが同時に胡椒の味も噛み締める事になって、とても風味豊かに感じられます。
胡椒の辛さを味わうと言うより、胡椒の旨味を味わう感じ。
塩加減も丁度良く、また、少量の砂糖が使われており
それが上手く味を引き立てているのかも知れません。

胡椒を二つの大きさに挽き分けているとの事。
それが、どれだけの働きをしているのか明確には言えないが、
確かに、胡椒が、美味い。
こだわり、海を越えて、私の胸に(腹に)、届きました。

…何故か味から玉葱を連想したが、そんな様な物は入っていない。
何でだろう。よく分からない。まあ美味い事は確かだ。
だが容量40g、価格はよく覚えていないが270~290円くらいだ。高い。
調子に乗りやがって。高くて少ないけど、美味しいよ。それで良ければどーぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント