2017/05/19

ボウルダーキャニオン ポテトチップス モルトビネガー&シーソルト

これで3つ目だぜ、ボウルダーキャニオン。
DSC_0013_moltbinega.jpg
モルトビネガー&シーソルト。
このモルトビネガーというのは、大麦を原料にしたお酢らしい。
ビールを元にした、と説明しているサイトもあったが、
それも大元を辿れば大麦だ。ビールの名前でそのものズバリ、
モルツってありますね。麦芽の意味なんですって。

イギリスじゃこのモルトビネガーをフィッシュ&チップスに
かけて食べたりするらしい。日本だと揚げ物にレモンを
少々かけたりポン酢で食べたりする事はあっても、
「酢」をドバドバかけるってのは中々やらないよなあ。
酢はAGE抑制に良いらしいから、かける方が体にはマシではある。

開封してみる。ザ・酢!という香りが漂ってくる。酸っぱそう~。
食べてみる。酸っぱい。塩気よりも、甘みよりも、酸っぱさが、まず来る。
というか、塩気も甘みもあんまり感じないね。ザ・酢!
素っ気ない味というか、子供ウケなんか気にしませんよ、っていう味。
原材料も、塩より糖よりビネガーが多いみたいだしね。

あんまり好かないな、と最初は思ったけれど、食べ続けてみたら
意外と進む。モルトビネガー独特の風味がある、みたいな事が
ググったら書かれていたんだけど、それのお陰かな?
ハッキリと「風味がある」って感じる訳じゃ無いけれど
慣れてみたら、素っ気ない中に意外と味わいがあるかも、みたいな?
ツンデレポテチ、みたいな?

でも数人に食べて貰ったら、割と不評。
うーん、やっぱ自分の評価は甘口なのかな。
でも美味しいって言う人もいたんだよ。

シンプルに酢の味のポテトチップスだと、これまた比較対象はティレル。
ティレル シーソルト&サイダービネガー。こちらでも酸っぱくて素っ気ない味と、
だいたい同じような事を言っている。ただ、ティレルの方では
「これがクセになるの?僕はなりません。」的な事を言っているが
今回のボウルダーキャニオンの方では、クセになるかも?的な感想。

ソルト&ペッパー対決ではティレルに軍配が上がったが
ソルト&ビネガー対決ではボウルダーキャニオンの勝ちだ。
勝因は、モルトの風味、か?正直、食べた自分でもよく分からないけれど。

前回の、ボウルダーキャニオンのシーソルト&クラックペッパー
他の人の感想を追記しておいた。悪い感想だ。
残念だったなボウルダーキャニオン。

おしまい。
↓クリックして、オレオレ詐欺の被害が減る事を祈りましょう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント