2017/05/13

プリングルズ フレンチサラダ味

久々のプリングルズ。
DSC_0011_pringlesdaze.jpg
画像を貼るの忘れてた。貼りました。

でももうこれ売ってないよ。去年の年末ぐらいの奴。
機を逸した。どんどん新作のポテトチップスが発売されて
追っても追っても間に合わず、気付いたら記事にするのが後回しになっていた。
近頃は新しいポテトチップスをあまり見ないから
良い機会だと思って、ちょっと前のポテトチップスの紹介だ。
ええ、このブログは新旧、織り交ぜてポテチを紹介するブログなのだ。

ポテチがスプーンとフォークを両手にしてサラダの具をジャグリング。
相変わらずプリングルズは変テコなイラストだなあ。
バックにはエッフェル塔。フレンチサラダ味なので、
フランスを代表する建築物でも描いといた。のでしょう。

「さわやかな酸味がクセになる味わい」

酸味が表現される時は、大体いつも「さわやか」って言うよね。
キッツい酸味とか、ぼんやりとした酸味、とは中々表現されない。
鬱陶しい程の酸味、鬱々とした酸味、しつこい酸味…売れそうにないな。
他に言い表現は無いのか。キレのある酸味、刺激的な酸味、
やさしい酸味、アクセントとしての酸味…この辺ならアリか。

とりあえず、このプリングルズ フレンチサラダ味は、さわやかな酸味。
何かもう、さわやかな酸味に該当するであろう範囲が広すぎて少しもピンと来ない。

味はね、酸っぱかった。さわやかな酸味って言うと、
皆さんはどのくらいの酸っぱさをイメージするのでしょう?
僕にとっては、ほのか~な酸味が、さわやかな酸味かな。
その基準からすると、こいつの酸味はそれよりやや強めであった。
キリッとした酸味、って言うのをさわやかと感じる人もいるかも知れないけれどね。
逆に、キリッとまで言う程の酸味でも無かったけれど。

酸っぱい、意外に何か言う事があったか?いや、あんまり無い。
特筆すべき点は何かあったのか。…いや。
昔、カルビーのポテトチップスにフレンチサラダ味があったと思う。
今もあるのか?よく知らないけれど。あっちの方が美味しかったよ。
プリングルズって味付けが大雑把に感じる事あるよね。あるよね?

イラストには、トマトと、何か緑の葉っぱ系の野菜が描かれていて
原材料に含まれているか?と思ったけど、それらしき物はさっぱり無かったよ。
強いて言えば、ガーリックパウダーとオニオンパウダー。一応、野菜だが
緑の葉っぱじゃないよなあ。こいつら、あっちこっちのポテトチップスに入っていて
見る度に、また君達か!と思ってしまう。

ちゅう訳で、プリングルズ フレンチサラダ味は、あくまでフレンチドレッシング味であった。
おしまい。
↓クリックすると、日本中のうなぎが暴れだします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント