2017/04/30

地中海ソルトポテトチップス

ここしばらく毎日、ブログの更新を続けていたが昨日は未更新。
これは別にゴールデンウィークで予定があった訳では無い。
忙しくて時間が無かった訳でも、疲れていた訳でも無ければ
金正恩の暗殺を思わせる発言で危ない目に遭っていた訳でも無い。
ただダルかっただけ。一度でも間を空けると、ずっと空けてしまいそうで怖い。
今日は頑張って更新だ。


カルビーのポテチが鳴りを潜めているスーパーの棚に並んだ見慣れぬパッケージ。

TORRES。…トーレス?って読むのかな?セレクタ?
下の方には、プレミアムポテトチップス、これは分かる。
えー。パタタス、フリタス、プレミアム?なんじゃ分からん。

パッケージの裏には現地の言葉で成分表示らしき文字列があるのだけれど。

「Sal/Sal/Salt/Sel/Sale/Sal/Salz/Salt/Salt/Zout 0,90g」

サル、サル、サルト、セル…?ズラーっと似たような単語が並んでるが、
何だこれ?五段活用ならぬ十段活用かしら。ソルト?塩の事か?

その下方にはシールで日本語が貼ってある。
地中海ポテトチップス。これが、日本での商品名かな?
記事タイトルにするぞ。

原産国はスペイン。原材料は、じゃがいも、ひまわり油、食塩(スペイン・イビサ島産)。
実にシンプルである。イビサ島産の塩ってわざわざ言うのは何か特別な塩なのか?
ググってみる。地中海で最も美しい海水を使った高級な塩、らしいよ。

あとは、ひまわり油。あまりポテチの原材料では見ない油。
これも、割と健康に良い油らしい。熱にも強く揚げ物にも使えると。
つまりポテチにも向いているって事かな。
まあいいや開封だ。

ポテチが黄色い。ひまわり油の特徴なのか、芋の特徴なのか何なのか。
結構ボコボコしてたり歪んでたりして、ちょっと堅あげポテトみたい。
あとポテチが所々透けている。油を吸った紙が透けて見える様に。
これも、ひまわり油の特徴なのか、芋のスライスの仕方なのか何なのか。
ともかく食べる。

んっ…これは!!普通!イビサ島産の塩とか、ひまわり油とか僕には分かんない!
普通のうすしおっぽいよ。うすしお好きな人には違いが分かるのかしら?
食感は、堅あげタイプのポテチに似ているけれど、堅くなくて、軽い。
薄いカットなのかな?でも、堅あげタイプみたいな油がジュワっとする感じがある。
油っこくてクドいって訳じゃ無いけれどね。

オリーブオイルで揚げたポテトチップスは、全然違う、美味い!と思ったけど
こちらは、味に関しては従来品に比べて遥かに勝っているとは感じなかったな。
でも、こだわりの、多分こだわりの食材。違いの分かる皆さんはどう感じるやら。
ひまわり油!イビサ島産塩!そして、芋は…分からん!

他のポテチより、体にはマシだと思うよ。体に良い、とは言わないけれど。
だってポテチだし。

おしまい。

↓クリックすると、菊川怜おめでとう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 特別な塩にヒント

リクエストありがとうございます。
自分の行動範囲で見かけたら購入したいと思います。
商品名や、どちらで販売されていたかを教えて頂けると助かります。