2016/10/24

ポテトチップス クリスプ コンソメパンチ

カルビーが筒状容器のポテチ界に殴り込みだ!
もうしばらく経ってますけど。
kuri-kuri-supi-supi-.jpg
プリングルズやチップスターに代表されるすべて同じ形のポテチ。
何故、今になってカルビーがその世界に割り込んできたのか。
そんなのは知らない。きっとググれば出て来る。ここでは触れるつもりは無い。
面倒臭い。気になったら、キミがその目で確かめてくれ!

パッケージには「パリッと食感」ってあるけれど、これはもうパリッを通り越して
ゴリッて口の中で響く。流石クリスプ。クリスピーである。
というかパリッだったら、それは普通のポテチだと思うぞ。
これは、堅い。何だかポテチじゃないみたいだ。いや、貶してはいない。
悪い意味で言っているのではないのだ。堅あげポテトとはまた違う噛み応え。
形が整っているのもそうだけど、堅あげポテトみたいに油がジュワっと滲む様な感覚が無く
あくまでさっぱりとしていて噛み応えがあるのだ。実際、油分も少し控えめみたい。

プリングルズやチップスターよりもブルボンのプチシリーズにあるポテトチップスを
何だか思い出す。あれは、別に硬くないけれど。味付け具合かな?
プリングルズ→コッテリ、チップスター→アッサリなら、これは中間くらい。
冒頭で、筒状容器のポテチ界に殴り込みなんて書いたけれど、
あくまで別物として棲み分け?食い分け?(食われ分け?)しようとしてる感がある。

味付けはいつものコンソメパンチに感じるけれど、黒いコンソメの時みたいに
もしかしたら少し違うのかも知れない。遡って、過去の記事にあるコンソメパンチの
原材料と手元の筒を見比べてみた。…あ、やっぱりちょっとずつ違うんだ。
でも、面倒臭いから詳細は省くぜ。
気になったら、キミがその目で確かめてくれ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント