2017/04/12

ポテトチップス えびしお味

昨日のゆずと塩味に引き続き、今回も塩味、えびしお味だ。

春先になると、こういうあっさり系のポテチの方が売れるのかな?
冬場はコッテリ系が多かった気がするけど。

「えびの風味が香ばしいポテトチップス
 塩焼きしたえびの美味しさをイメージしたポテトチップスです。
 原料に伊勢海老を使用し、香ばしさと旨みが特徴です。」

結論から言うと、こいつも結構美味い。
シンプルな味付けで海老の風味がしっかり感じられる。
海老と塩なんだから、そらそうだ。と言われそうだ。実際に原材料も比較的シンプル。
砂糖とか甘味料も使っているのかなと思ったら、意外にも使っていない。
これは海老自体の持つ旨味が出ているんだろうね。
「ゆかり」っていう海老煎餅があるけれど、あれを思い出させる味。
焼いた煎餅の方が揚げたポテトチップスよりは体に優しいんだろうけれど。

発酵えびパウダーなんてのも使っているんだね。
発酵したえびのパウダーなのか、えびパウダーを発酵させたのかは知らないが
それがどれだけ美味しさに影響するのだろう。
発酵えびパウダーだけ欲しいです。

後引く美味しさとは、このポテチのためにある言葉だね。
ついつい手が伸びてしまう。前回も、うすしお好きに良いかもって書いたけれど
こっちの方が更にうすしお好きにはたまらないかも知れない。
うすしお好きじゃない自分でも美味いと感じるし。

ちなみにじゃがビーのえび塩味には、かにエキスパウダーが入っていた。
こちらには、そんなもの入っていない。
海老以外の魚介は使われていない、純粋なえびしお味なのだ。
まあ香料、調味料、酸味料は入ってるけれど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント